CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

CoreOSがアプリケーションコンテナの次期メジャーリリース「rkt v0.5」(旧名:Rocket)を紹介

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/02 16:05

 CoreOSは、公式ブログの4月1日(現地時間)付の投稿において、アプリケーションコンテナの次期メジャーリリース「rkt v0.5」について紹介している。

 rktは、セキュリティや効率、構築のしやすさが重視されるアプリケーションに適したコンテナのランタイムで、Application Container(appc)specに準拠する。

 「rkt v0.5」は、アプリケーションコンテナのイメージとランタイム環境をカプセル化できるpodを規定した、最新のappc specに準拠しており、最新のLinux環境におけるoverlayfsをサポートしている。

 初期バージョンのrktでは、アプリケーションコンテナ起動時のデフォルトstage1にCoreOS Linuxのディストリビューションイメージのコピーを使用していたが、「rkt v0.5」では、KVMベースのバーチャルマシンがアプリケーションを起動するテクノロジーとは異なる実装を用いた、systemdをベースにしたstage1を独自開発した。

 なお、従来は「rocket」や「Rocket」、あるいは「rock't」といった表記が混在していたが、今後は「rkt」に統一する。

 将来的にリリースを予定する「rkt 0.6」以降では、動作中のセットアップ変更なしでのバージョンからバージョンのロールフォワードを目指しており、そのためにはappc specの最初の安定バージョンの策定、機能テストやオンディスクフォーマットでの安定化の実装、およびスキーマアップグレードの実装が必要となる。

 もちろん、ユーザーが望む安定性についても考慮しており、今後のいくつかのバージョンでは開発環境におけるrktの安定性向上を最優先に取り組み、最終的にはダウンロードしたACIや設定ファイルを維持したままでの、「rkt 0.6」から「rkt 0.7」へのアップグレードを目標としている。


【関連リンク】
CoreOS(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5