CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

DMM.comにおけるVert.xの活用ポイントと、最新3.0系での変更点

Javaプログラマーのための実践「Vert.x」 第4回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回はVert.xを利用して簡単なRESTインターフェースによるJDBCアプリケーションの作成をしてみました。最終回となる今回は、DMMが実際に開発したアプリケーションについて少しだけご紹介したいと思います。構成はサンプルアプリケーションに近いものですが、基本的にmod-jdbc-persisterなど公開されているモジュールは利用せず、必要にあわせてモジュールを作成しています。

目次

アプリケーション構成

 作成したアプリケーションの構成、動作イメージとしては、下図のようになります。

 アプリケーションへの外部インターフェースとしてはRESTだけではなく、MQ経由でのメッセージも受け取れるようにしています。REST経由もMQ経由も内部で同様のJSON形式に変換され、パラメータのバリデーションが行われます。バリデーション後、ワーカースレッド上で各業務処理を行うためのトランザクションモジュールが処理を行います。この業務処理部分では、場合によって外部のAPIを呼び出すためのHttpClientモジュールを非同期で呼び出しますが、DBとのトランザクション部分は同期型で通常のJDBCを使って処理を行っています。

 サンプルで使用したmod-jdbc-persisterなどを使わなかった理由としては、前回のサンプルソールを見ていただければ分かると思いますが、そんなに複雑でもないUpdateのトランザクションがネストだらけの見づらいソースになっています。RxJavaなどを利用すればもう少し見やすくできるとはいえ、決してメンテナンス性の高いソースではありません。

 非同期な形で処理を記述した場合も、結局はWorkerスレッドで処理が行われているに過ぎず、トータルのパフォーマンスが改善されることも考えられません。それであるならば、Javaの経験者であれば誰でも書きなれたトランザクション処理の記述方法ができるようにこの構成を選択しました。

Rest Module

 その名のとおりRESTインターフェースのためのモジュールになります。基本的にはVert.xのHttpServerの機能を利用した単純なHTTPの送受信を行うモジュールですが、HttpパラメーターのJsonObject変換など、内部仕様に依存した後続の各モジュールのための初期処理も行っています。また、HTTPのコネクションタイムアウトの機能がなかったため、一部修正をいれています。

MQ Module

 リクエストの多くなる処理用のインターフェースとしてMQにも対応しています。REST時と同様のメッセージに形式を変換する機能とRPCに対応した仕組みを持っています。

Validation Module

 メッセージがJSON形式になっているため、JsonSchemaを利用してバリデーション項目を定義することで簡単に条件変更可能な仕組みを作成しました。

Transaction Module

 ワーカースレッドで各ビジネスロジックを実行するモジュールになっています。基本的にスレッドや別モジュールを意識せずにシンプルなトランザクション制御を実装するようにしています。

HttpClient Module

 Vert.xのHttpClientを利用し、アクセス先ごとに細かい設定やコネクションプールを使用できるように作成しました。

crashub/mod-shell

 図にはありませんがsshやtelnetでCUIによるコマンド制御を可能にするために、Crashubを利用できるmod-shellも使用しています。これによってシェルスクリプトなどからプロセス制御を行っています。

Vert.x2.1系の所感

 実際にVert.xを使ってみると実運用には機能が足りないため、他にも起動順序制御のためのライブラリや、いわゆるGracefulな停止を実現させるための仕組みなど、かなり作りこみを行っています。本格的に実業務で使いこなすためには、それまでのServletなどの知識が使えず、情報量も少ない中で調べること、作るものも多いために少々ハードな作業が必要でした。

 正直なところ、v2.1の段階では万人にお勧めできるフレームワークというには難しいですが、最近のマイクロサービス化という流れの中では、こういった重いアプリケーションサーバーを使用することのない軽量なフレームワークの仕組みを理解することは非常に有益なことだと考えています。

 ここまではVert.x v2.1.5でのアプリケーションでしたが、ここからはつい先日リリースされ、大幅に進化した最新のv3.0についてご紹介したいと思います。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • リョウジ(株式会社DMM.comラボ)(リョウジ)

    DMM.comのプラットフォームにおける主要アーキテクチャに関しての技術研究開発を担当。 非同期のメッセージ&キューの導入、Vert.xフレームワークを採用し社内の基盤を整備等、 高負荷対策・可用性の高いアーキテクチャの開発・設計など幅広く活躍。

バックナンバー

連載:Javaプログラマーのための実践「Vert.x」
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5