SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

5分でわかるActiveReports帳票(PR)

5分でわかるActiveReports帳票-RDLレポート

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第2回の今回は、9.0Jで追加された新しいレポート形式であるRDLレポートの使い方を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

備考

 ActiveReportsを使用した帳票アプリケーションの基本的な作成方法については、これまでの連載記事も併せてご参照ください。特に、1つ前のバージョンである7.0Jをもとに解説した2013年度版の記事は、9.0Jでもそのままご利用いただける内容となっています。また、2007/2008年度版の記事は3.0Jをもとに解説していますが、3.0Jのレポートと9.0Jのセクションレポートは名前空間や一部のAPIを除いて同じレポート形式であるため、セクションレポートの概念や基本的な使い方についてはこちらもご活用ください。

対象読者

  • Visual Basicまたは、Visual C#を使ってプログラムを作ったことのある方
  • 帳票作成ツールに興味のある方

必要な環境

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015のいずれかでプログラムが作れる環境
    • Express EditionではActiveReportsをインストールできません。また、Visual Studio 2015についてはService Pack 2で対応しています。

 本記事のサンプルコードは、C# 5.0/Visual Basic 2012で記述しています。

ActiveReports for .NET 9.0Jのインストール

 今回はじめてActiveReportsを使用する方は、まず開発用PCにActiveReportsをインストールする必要があります。ActiveReportsは有償の製品ですが、トライアル版(無償)が用意されています。グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください(インストール時の注意事項については、こちらのナレッジ文書をご参照ください)。

 ActiveReportsにはStandardとProfessionalの2つのエディションがありますが、今回はProfessionalをインストールします。各エディションの違いについては、こちらのナレッジ文書をご参照ください。

コントロールの追加

 インストール後は、すぐに帳票アプリケーションの開発を始められるようになっていますが、効率のよいアプリケーション開発のために、Visual StudioのツールボックスにActiveReportsのコントロールを追加しておきましょう。

 ツールボックスにコントロールを追加するには、メニューバーの[ツール]-[ツールボックスアイテムの選択]をクリックします。「ツールボックスアイテムの選択」ダイアログが表示されるので、追加したいコントロールにチェックを入れて[OK]ボタンを押します。詳しい手順については、製品ヘルプの[クイックスタート]-[ActiveReportsコントロールを追加する]をご参照ください。

ツールボックスにActiveReportsのコントロールを追加
ツールボックスにActiveReportsのコントロールを追加

 同じ端末に異なるバージョンのActiveReportsがインストールされていると、「ツールボックスアイテムの選択」ダイアログに、複数バージョンのコントロールが表示されます。1つのプロジェクトに、異なるバージョンのコントロールを混在させるとエラーが発生します。同じ端末に異なるバージョンのActiveReportsを共存させている場合は、バージョンをインストーラやリリースノートから確認し、コントロール使用時にバージョンが混在しないように注意してください(バージョンの詳しい確認方法については、こちらのナレッジ文書をご参照ください)。

RDLレポートのデザイン方式

 RDLレポートのレポート生成エンジンは、ページレポートと同じものを使用しています。このため、RDLレポートのデザイナで使用できるデータ領域やレポートアイテムは、ページレポートとほぼ共通となっています。

 一方で、デザイン方式は大きく異なります。ページレポートがページ単位で帳票を作成するのに対して、RDLレポートはページを意識せずに自由にデータを表示します。このデザイン方式の違いは、データ領域のFixedSizeプロパティの有無にはっきりと表れています。たとえば、Tableデータ領域をレポート上に配置すると、ページレポートではFixedSizeの領域(斜線の部分)が表示されているのに対して、RDLレポートではFixedSizeは表示されません。

ページレポートのTableデータ領域
ページレポートのTableデータ領域
RDLレポートのTableデータ領域
RDLレポートのTableデータ領域

 また、RDLレポートのデータ領域はデータ数に応じて伸長し、印刷の用紙サイズに収まりきらなくなった場合には、次ページに引き続きデータが表示されます。この動作は、固定レイアウトでページを作成するページレポートとは異なり、むしろセクションレポートに近いデザイン方式と言えます。なお、RDLレポートのデザイン方式の詳細については、技術資料「3つの帳票デザイン方式」(PDFファイル)をご参照ください。

次のページ
簡単なRDLレポートの作成

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5分でわかるActiveReports帳票連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

グレープシティ株式会社 ActiveReportsチーム(グレープシティカブシキガイシャ アクティブレポートチーム)

 宮城県仙台市に本社を構えるグレープシティでは、日本の業務に適したシステムをより早く開発するためのソフトウェアを提供しています。エンドユーザーの利用しやすさ、幅広いユーザー環境への対応、そして何よりプログラマの作業を軽減することを一番に目指しています。 ActiveReportsは、帳票開発に必要なあらゆる機能を備えた当社を代表するコンポーネントの1つ。1998年の発売以来、日本だけでなく全世界で多数の帳票開発者に使用されています。製品開発は同チームが中心になり、「日本仕様」の厳しい要望を実現することを目指しています。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/8943 2015/11/10 15:31

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング