SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

最先端テクノロジーに対応した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo」の活用(PR)

「Wijmo(ウィジモ) 5」新版で追加されたFinancialChartを使いこなす

ECMAScript 5に準拠した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo 5」の活用 第5回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融動向の先読みを支援するフィボナッチツール

 金融指標の将来傾向を見通す方法の一つに「フィボナッチ数」があります。これはフィボナッチ級数に基づく黄金比の数値(0.618、0.382など)の割合で金融指標が反転するという考え方です。FinancialChartではフィボナッチ数に対応する比率をチャートに表示するフィボナッチツールが利用できます。

 フィボナッチツールを表示するにはwj-flex-chart-fibonacciディレクティブをリスト9のように記述します。uptrendはフィボナッチツールの上下どちらを100%にするかを設定する属性です。

リスト9 フィボナッチツールの表示(008_wijmo_financialchart6.html)
<!-- フィボナッチツール -->
<wj-flex-chart-fibonacci binding="close" uptrend="{{uptrend}}">
</wj-flex-chart-fibonacci>

 なおフィボナッチツールを利用するためには、scriptタグでwijmo.chart.finance.analytics.min.jsへの参照を記述する必要があります。

 リスト9を表示すると図7のように、フィボナッチ数に対応する比率がチャートに表示されます。ここではRangeSelectorと組み合わせて、フィボナッチツールの表示範囲を指定できるようにしています。uptrendにチェック(=属性をtrueに設定)するとフィボナッチツールの上下が入れ替わります。

図7 フィボナッチツールを表示(008_wijmo_financialchart6.html)
図7 フィボナッチツールを表示(008_wijmo_financialchart6.html)

まとめ

 本記事では、グレープシティのJavaScriptライブラリWijmoに追加された金融チャート部品FinancialChartを取り上げて利用法を説明しました。

 FinancialChartでは、従来のFlexChartでは表示できなかった金融分野独特のチャートをシンプルな指定で表示できます。FlexChartが提供するマーカーなどの機能がFinancialChartでも利用でき、またFinancialChart独自の分析機能としてフィボナッチツールが利用できることを紹介しました。金融チャートの表示や操作をWebページで行う必要が生じたときに、真っ先に利用を検討したい部品と言えるでしょう。

参考資料

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最先端テクノロジーに対応した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo」の活用連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9050 2015/11/10 15:32

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング