Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Wijmo(ウィジモ) 5」新版で追加されたFinancialChartを使いこなす

ECMAScript 5に準拠した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo 5」の活用 第5回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

FinancialChartの基本

 最初にFinancialChartで最低限のチャートを表示するサンプルをリスト1に示します。

リスト1 FinancialChartでチャートを表示(001_wijmo_financialchart1.html)
<!DOCTYPE html>
<html ng-app="MyApp"> <!-- モジュールを指定 ...(1)-->
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Wijmo 5 FinancialChartサンプル1</title>

<!-- Wijmo ...(2)-->
<script src="http://cdn.wijmo.com/5.20152.90/controls/wijmo.min.js" type="text/javascript"></script>
<link href="http://cdn.wijmo.com/5.20152.90/styles/wijmo.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

<!-- Wijmoコントロール ...(3)-->
<script src="http://cdn.wijmo.com/5.20152.90/controls/wijmo.chart.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://cdn.wijmo.com/5.20152.90/controls/wijmo.chart.finance.min.js" type="text/javascript"></script>

<!-- Wijmoテーマ ...(4)-->
<link href="http://cdn.wijmo.com/5.20152.90/styles/themes/wijmo.theme.modern.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" />

<!-- Wijmoカルチャ ...(5)-->
<script src="http://cdn.wijmo.com/5.20152.90/controls/cultures/wijmo.culture.ja.min.js " type="text/javascript"></script>

<!-- AngularJSとWijmoのAngularディレクティブ ...(6)-->
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/angularjs/1.3.15/angular.min.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://cdn.wijmo.com/5.20152.90/interop/angular/wijmo.angular.min.js" type="text/javascript"></script>

<!-- 日経平均株価のデータ ...(7)-->
<script src="data/nikkei_201508-09.js" type="text/javascript"></script>

<script type="text/javascript">
    // Wijmoモジュール"wj"を指定して新規モジュールを作成
    var myApp = angular.module("MyApp", ["wj"]);

    // モジュールにコントローラーを定義
    myApp.controller("MyController", ["$scope", function($scope) {
        // 日経平均株価を設定 ...(8)
        $scope.chartData = nikkei;
    }]);
</script>
</head>

<!-- bodyタグ内でMyControllerを参照 -->
<body ng-controller="MyController">
<h1>Wijmo 5 FinancialChartサンプル1</h1>

<!-- FinancialChart表示 ...(9)-->
<wj-financial-chart items-source="chartData"
                    binding-x="date"
                    style="width:640px;height:300px;">
    <!-- データ系列(始値) ...(10)-->
    <wj-financial-chart-series name="始値" binding="open">
    </wj-financial-chart-series>
    <!-- データ系列(終値) ...(11)-->
    <wj-financial-chart-series name="終値" binding="close">
    </wj-financial-chart-series>
</wj-financial-chart>

</body>
</html>

 (1)はAngularJSのモジュール指定、(2)~(6)はWijmoとAngularJSを参照する記述です。FinancialChartを利用するには(3)のようにwijmo.chart.min.jsとwijmo.chart.finance.min.jsを参照します。

 (7)はチャートに表示するデータです。ファイルの内容はリスト2のようになっており、2015年8~9月の日経平均株価を格納したJavaScriptオブジェクト配列nikkeiを定義しています。この配列をリスト1(8)でスコープの変数chartDataに代入しています。

リスト2 チャートに表示する日経平均株価データ(nikkei_201508-09.js)
var nikkei =
[
    {
        "date": "2015年08月03日",   // 日付
        "open": 20540.21,           // 始値
        "close": 20548.11,          // 終値
        "high": 20562.2,            // 高値
        "low": 20396.5,             // 安値
        "volume": 2412340000        // 出来高
    },
// 以下繰り返し
];

 (9)のwj-financial-chartディレクティブ(独自タグ)でFinancialChartのチャート全体を記述します。items-source属性は表示するデータで、ここでは(8)で定義したchartDataを指定します。binding-x属性は横軸の指定でdate(日付)を指定します。

 (10)と(11)のwj-financial-chart-seriesディレクティブはデータ系列を表し、binding属性に指定されたデータがチャートに表示されます。ここでは(10)でopen(始値)を、(11)でclose(終値)をそれぞれ表示するようにしています。

 リスト1を実行すると図2のように、始値と終値の2本の折れ線グラフが表示されます。

図2 FinancialChartによるチャート表示(001_wijmo_financialchart1.html)
図2 FinancialChartによるチャート表示(001_wijmo_financialchart1.html)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:ECMAScript 5に準拠した高速・軽量なJavaScript UIライブラリ「Wijmo 5」の活用

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5