CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Oracle Database Cloudだけで提供できるWebアプリケーションの開発方法

Oracle Database Cloudでいってみよう! ~ モダンな企業向けクラウドアプリを一番かんたん・安全につくる方法 【第3回】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/07 14:00

目次

データを編集するためのページを追加する(続き1)

ページが作成されると、そのままそのページの「Page Designer」に遷移します。Page Designerとは、ドラッグ&ドロップおよびパラメーターの設定で画面を開発する機能です。このPage Designerの機能はさておき、右上の再生ボタンをクリックするとこのページをプレビューすることができます。

右上の再生ボタンをクリックするとこのページをプレビューできる
右上の再生ボタンをクリックするとこのページをプレビューできる

プレビュー画面からは、次図のように左サイドバーに「Home」タブに加えて「顧客」タブが追加され、そのページでDEMO_CUSTOMERSテーブル内のデータが一覧表示されているのが分かります。

「顧客」タブが追加され、DEMO_CUSTOMERSテーブル内のデータが一覧表示された
「顧客」タブが追加され、DEMO_CUSTOMERSテーブル内のデータが一覧表示された

さらにここから各レコードを編集するページを追加作成し、上記顧客のページにリンクを差し込みます。

まず、「Application アプリケーションID番号」をクリックし、Application Builderに戻ります。

Application Builderに戻る
Application Builderに戻る

新しいページを作成するため[Create Page]ボタンをクリックします。

新しいページを作成
新しいページを作成

編集ページは「Form」が適切なページタイプになりますので「Form」パネルをクリックします。

「Form」パネルをクリック
「Form」パネルをクリック

Formにはさらにいくつかのタイプがあります。今回のページは「顧客」ページから任意の顧客をクリックして遷移する編集フォームです。このデータは1つのテーブルに帰属するデータになるので、「Form on a Table or View」を選択します。

「Form on a Table or View」を選択
「Form on a Table or View」を選択

次にこのフォームがどのテーブルのデータを対象にしているのかを設定します。「Table / View Name」に「DEMO_CUSTOMERS」を選択して、[Next]ボタンをクリックします。

「Table / View Name」に「DEMO_CUSTOMERS」を選択
「Table / View Name」に「DEMO_CUSTOMERS」を選択

続いて、ページの基本情報を設定します。各設定項目の意味と今回の設定値は次のとおりです。

Page Number
このページを一意に識別するID番号。デフォルト値を利用します。
Page Name
このページの名前。ここでは「顧客編集」と入力します。
Page Mode
このページの表示モード。今回は「顧客」ページから遷移せずに重ねてフォームを表示することを想定し、「Modal Dialog」を選択します。

なお、残りの項目は今回は関連しませんので、上図のとおりデフォルトのままとします。

ページの基本情報を設定
ページの基本情報を設定

上記のとおり設定したら[Next]ボタンをクリックします。

このページへのナビゲーション方法を選択します。このページは左サイドバーからではなく、常に「顧客」ページからアクセスするため、サイドバータブは利用しません。そのため、「Do not associate this page with a navigation menu entry」を選択して「Next」をクリックします。

このページへのナビゲーション方法を選択
このページへのナビゲーション方法を選択

レコードを特定するフィールドを設定します。今回対象としているDEMO_CUSTOMERSテーブルは「CUSTOMER_ID」がプライマリキーとなっています。このフィールドを利用するため、次のとおり設定します。

Primary Key Type: Select Primary Key Column(s)
Primary Key Column1: CUSTOMER_ID
レコードを特定するフィールドを設定
レコードを特定するフィールドを設定

上記設定を行ったら[Next]ボタンをクリックします。

続いて、プライマリキーが生成される方法を指定します。CUSTOMER_IDには「DEMO_CUST_SEQ」がシーケンスとして作成されていますので、これを次のように指定します。

Source Type: Existing sequence
Sequence: DEMO_CUST_SEQ
プライマリキーが生成される方法を指定
プライマリキーが生成される方法を指定

上記設定を行ったら[Next]ボタンをクリックします。

このフォームで表示するフィールドを選択します。デフォルトですべてのフィールドが選択されていますのでそのまま「Next」をクリックします。

このフォームで表示するフィールドを選択
このフォームで表示するフィールドを選択

フォーム上のボタンのラベル、およびその表示/非表示を設定します。デフォルトのままでも構いませんし、次図のように日本語に直してもOKです。設定したら「Next」をクリックします。

フォーム上のボタンのラベル、およびその表示/非表示を設定
フォーム上のボタンのラベル、およびその表示/非表示を設定

確認画面が表示されます。[Create]ボタンをクリックするとページが作成され、そのページのPage Designer画面に遷移します。

確認画面
確認画面

このページはこのままですでに利用できますので何も編集する必要はありません。左上の「Application アプリケーションID番号」をクリックしてApplicationのトップページに戻ります。

今回は何も編集せずApplicationのトップページに戻る
今回は何も編集せずApplicationのトップページに戻る

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Oracle Database Cloudでいってみよう! ~ モダンな企業向けクラウドアプリを一番かんたん・安全につくる方法

著者プロフィール

  • 中嶋 一樹(ナカジマ カズキ)

    日本オラクルのエバンジェリスト。Cloud Platformに関するエンジニアリングと啓蒙活動を担当。クラウドのビルディングブロックを使ったモダンなアプリケーションの開発、エコシステムの構築をライフワークにしている。公私ともに何かを開発していることが多い。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5