Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

記事一覧

5251~5265件(全5360件)
  • 2005/12/02

    JavaScriptの関数とメソッド

    このシリーズは、JavaScript(ECMAScript)における概念と言語構造の理解を助けるためのドキュメントです。第2回目の本稿では、JavaScript(ECMAScript)における関数の基本的な性質について解説します。

  • 2005/12/01

    JavaScriptにおけるオブジェクトの基本的性質

    このシリーズは、JavaScript(ECMAScript)における概念と言語構造の理解を助けるためのドキュメントです。第1回目の本稿では、JavaScript(ECMAScript)におけるオブジェクトの基本的な性質について解説します。

  • 219_t.jpg
    2005/11/30

    RPCAPによるリモートパケットモニター

    本稿では、WinPcapで提供されるRPCAPプロトコルに対応したプログラムを作成し、リモートで別ネットワークのパケットをキャプチャする方法について紹介します。

  • 223_t.jpg
    2005/11/29

    ATL/WTLプログラミング 3:フレームウィンドウとビュー

    Windowsアプリケーションを作成するためのC++クラスライブラリといえば、Microsoftが提供するMFCが有名ですが、同社が提供するライブラリATLを利用して作成することもできます。本稿では、ATL/WTLにおけるフレームウィンドウとビューの利用方法について解説します。

  • 211_t.jpg
    2005/11/21

    RGB値をHSV値に変換して補正するレタッチ機能

    画像の色は一般にRGB値で表されますが、人間の感覚に近いのは、「色相」「彩度」「明度」を用いるHSV(またはHSB)表色系です。画像の色の補正にHSVを用いる方法を実装し、RGB値とHSV値との相互の関係を理解しやすくしました。

  • 204_t.jpg
    2005/11/17

    Spring.NETを使用したASP.NETとDIの連携

    次期リリースであるSpring.NET 1.0には、DI・AOP機能の他にASP.NETでの開発を強力にサポートする機能が多く含まれています。本稿では、Spring 1.1 Web Preview版を使用し、サンプルアプリケーションを通じてその機能を紹介します。

  • 210_t.jpg
    2005/11/15

    AVI動画ファイルからBMPファイルを抽出する

    WindowsでAVIファイルから任意のフレームをビットマップイメージで抽出する制御方法を解説します。Video for Windows APIを学習すれば、例えば動画ファイル編集ソフトウェアのようなものを開発できるようになります。

  • 207_t.jpg
    2005/11/14

    落ち物ゲームの作り方 第1回:「TETRA」編

    本稿では、不朽の名作を摸した落ち物ゲーム「TETRA」を作ります。このゲームのルールは単純であり、落ち物ゲームの基礎を学ぶのにうってつけです。また、ゲームプログラムで頻出のPeekMessage関数を使ったメッセージループも解説します。

  • 198_t.jpg
    2005/11/09

    Application Blockと連携するProviderの実装と構成ツールへの登録

    本稿では、Enterprise Libraryの利点であるApplication Blockの連携と、構成ツールでの設定機能を解説します。

  • 200_t.jpg
    2005/11/04

    LDAPとJNDIでシングルサインオン可能なWebを作る

    ディレクトリサーバーのエントリデータを操作(CRUD:新規登録・抽出・更新・削除)する簡単なWebアプリケーションにより、JavaからLDAPを操作する方法を紹介します。

  • 202_t.jpg
    2005/11/02

    OpenGL AUXライブラリによる2D画像処理

    本稿では、OpenGLのフレームバッファ描画機能と、各プラットフォームにおけるGUI機能の違いを抽象化したAUXという補助ライブラリを使用して、簡単な画像処理ソフトを作成してみます。これを通して、OpenGLとAUXによる画像処理アプリケーション開発の基本的な流れを確認してみてください。

  • 201_t.jpg
    2005/11/01

    ATL/WTLプログラミング 2:ダイアログとコントロール

    Windowsアプリケーションを作成するためのC++クラスライブラリといえば、Microsoftが提供するMFCが有名ですが、同社が提供するライブラリATLを利用して作成することもできます。本稿では、ATL/WTLにおけるダイアログとコントロールの利用方法について解説します。

  • 196_t.gif
    2005/10/31

    EffecTVによるリアルタイムビデオイフェクト

    本稿では、Linuxで動作するリアルタイムビデオイフェクトのアプリケーションであるEffecTVを紹介し、イフェクトプラグインの動作原理と作り方を紹介します。リアルタイムビデオ画像処理は、簡単な原理で面白い効果を生み出します。可変サイズのモザイク処理を例題に、EffecTVにおけるイフェクトプラグインの動作原理を解説します。

  • 197_t.jpg
    2005/10/28

    ソケットライブラリのIndyを利用したクリップボード共有ソフト

    LAN内の複数のPCで、クリップボードを共有するソフトを製作します。サーバーの検索にUDPブロードキャスト通信を利用し、クリップボードのデータ送受信にはTCPを利用します。これをDelphi 7に付属しているIndy 9のコンポーネントを利用して、手軽に作ってみます。

  • 195_t.jpg
    2005/10/27

    対数目盛を含むグラフ上での最小二乗法の実装

    実験結果をグラフに表示する時、測定点をプロットしてから、測定点に近い直線や二次曲線などを描くことがあります。ここでは、これを自動的に行うプログラムを紹介します。この作業は「最小二乗法」が用いられますが、対数目盛を含む各種グラフの座標上で回帰直線を求め、指数関数、対数関数、冪(べき)関数にも対応できるよう工夫しました。

5251~5265件(全5360件)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5