Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • WINGSプロジェクト 高野 将(タカノ ショウ)

    <個人紹介>
    新潟県長岡市在住の在宅リモートワークプログラマー。家事や育児、仕事の合間に長岡IT開発者勉強会(NDS)、Niigata.NET、TDDBCなどのコミュニティに関わったり、Web記事や書籍などの執筆を行ったりしている。著書に『アプリを作ろう! Visual C#入門 Visual C# 2017対応』(日経BP社、2017)など。

    WINGSプロジェクトについて>
    有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。

執筆記事

  • 8463_thumb.gif
    2015/03/04

    外部アカウントを使ったログインをASP.NET Identityで実現する

     最近TwitterやGitHubなどのアカウントを使ってログインできるWebサービスをよく見るようになりました。連載の第9回となる今回は、この外部アカウントを使ったログインをASP.NET Identityを用いて実現する方法について紹介します。

  • 8403_t.gif
    2015/02/05

    Visual Studioのコード分析機能を利用してコードの品質を上げよう

     プログラムを作成していく中では、コードの保守性を常に意識する必要があります。ただ、一概に保守性といっても、その内容はさまざまです。そんな保守性の指標の一つに、コードが「ガイドライン」に沿っているかどうかというものがあります。ただし、人がその目ですべてを確認するのは現実的ではありません。そこで、「ガイドライン」の一部については、ツールを用いてチェックしてしまいましょう。そのための機能がVisual Studioに搭載された「コード分析」機能です。本記事では、コード分析機能がどのようなものであるか...

  • 8328_thumb.gif
    2015/01/06

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~二要素認証

     今回はメール連携機能紹介の最後として「二要素認証」を紹介します。GoogleやGitHubなどでここ数年の間に相次いで採用された二要素認証も、ASP.NET Identityでは簡単に実装できます。その方法を見ていきましょう。

  • 8318_t.gif
    2014/12/26

    拡張機能を利用してVisual Studioをより便利にしよう

     Visual Studioはインストール直後の状態でも数多くの機能が搭載されており、非常に便利に使えます。しかし、使っていると「あれができれば」「これがもっと簡単にできないのか」といった不満が段々と出てくるものです。あなたのそういった不満は、もしかしたら「拡張機能」を利用すれば解決できるかもしれません。本記事では「Visual Studio Gallery」で公開されている拡張機能のいくつかについて、その機能、活用法を紹介します。

  • 8254_thumb.gif
    2014/11/21

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~パスワードのリセット

     今回は前回、前々回で紹介した「アカウントの確認」と対になる「パスワードのリセット」機能について紹介します。パスワードのリセットも「アカウントの確認」と同様に、ASP.NET Identity 2.0で追加されたメールと連携する新機能のうちの一つです。その動作と実装方法について説明していきましょう。

  • 8181_thumb.gif
    2014/10/17

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~メールを使ったアカウントの確認

     ASP.NET Identity 2.0の新機能として、前回に引き続き、メールと連携する機能について紹介していきます。前回はASP.NET Identityのメール連携機能を使用するため、メール送信処理の実装まで行いました。今回は送信したメールを使用した「アカウントの確認」機能について、その実装方法とともに詳しく紹介します。

  • 2014/09/18

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~メール連携機能のためのメール送信処理

     前回に引き続き、ASP.NET Identity 2.0の新機能を紹介していきます。今回から数回に分けてメールと連携する機能について紹介していきます。まず今回と次回で「アカウントの確認」機能について、その動作イメージと実装方法を説明していきます。今回はメール送信処理および確認メール送信の実装まで説明します。

33件中8~14件を表示



All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5