CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • インドリ(インドリ)

    分析・設計・実装なんでもありのフリーエンジニア。
    ブログ「無差別に技術をついばむ鳥(http://indori.blog32.fc2.com/)」の作者です。

    アドバイザーをしたり、システム開発したり、情報処理技術を研究したりと色々しています。

    座右の銘は温故知新で、新旧関係なく必要だと考えたものは全て学習しています。

     

執筆記事

  • 2008/11/21

    VB.NETで仮想CPUを作ろう (11) - DIV命令の実装とイベント設計について

     本稿では、VB.NETを利用し、簡単な機械語で動く仮想CPUを作ることでバイナリプログラミングを満喫します。実際の業務で直接使えるケースは少ないと思いますが、デバッグやプログラミングの地力向上に役立つでしょう。今回はDIV命令の実装を通じて、イベントの設計について学びます。

  • 2008/10/28

    VB.NETで仮想CPUを作ろう (10) - MLU命令の実装とModR/Mについて

     本稿では、VB.NETを利用し、簡単な機械語で動く仮想CPUを作ることでバイナリプログラミングを満喫します。実際の業務で直接使えるケースは少ないと思いますが、デバッグやプログラミングの地力向上に役立つでしょう。今回はMUL命令の実装を通じて、ソースオペランドにレジスタを指定する機械語の実装法を解説します。

  • 2008/10/10

    VB.NETで仮想CPUを作ろう (9) - INC命令&DEC命令の実装と命令長

     本稿では、VB.NETを利用し、簡単な機械語で動く仮想CPUを作ることでバイナリプログラミングを満喫します。実際の業務で直接使えるケースは少ないと思いますが、デバッグやプログラミングの地力向上に役立つでしょう。今回はINC命令とDEC命令の実装を通じて、長さが違う機械語の実装法を解説します。

  • 2008/09/23

    VB.NETで仮想CPUを作ろう (8) - SUB命令実装

    本稿では、VB.NETを利用し、簡単な機械語で動く仮想CPUを作ることでバイナリプログラミングを満喫します。実際の業務で直接使えるケースは少ないと思いますが、デバッグやプログラミングの地力向上に役立つでしょう。 今回はSUB命令を実装する事によりCPUの理解を深めます。

  • Form7_A.jpg
    2008/09/11

    VB.NETで仮想CPUを作ろう (7) - ADD命令実装

    本稿では、VB.NETを利用し、簡単な機械語で動く仮想CPUを作ることでバイナリプログラミングを満喫します。実際の業務で直接使えるケースは少ないと思いますが、デバッグやプログラミングの地力向上に役立つでしょう。今回はADD命令を実装する事によりCPUの理解を深めます。

  • 2008/09/04

    VB.NETで仮想CPUを作ろう (6) - MOV命令の実装

    本稿では、VB.NETを利用し、簡単な機械語で動く仮想CPUを作ることでバイナリプログラミングを満喫します。実際の業務で直接使えるケースは少ないと思いますが、デバッグやプログラミングの地力向上に役立つでしょう。今回は機械語の一番基礎的な命令MOVを実装することにより、CPU基本的動作の実装を進めます。

  • 2008/08/20

    VB.NETで仮想CPUを作ろう (5) - CPUの基礎動作の実装

    本稿では、VB.NETを利用し、簡単な機械語で動く仮想CPUを作ることでバイナリプログラミングを満喫します。実際の業務で直接使えるケースは少ないと思いますが、デバッグやプログラミングの地力向上に役立つでしょう。今回はCPU基本的動作の実装を進めます。

32件中22~28件を表示



All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5