Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Eclipseのメニューを日本語ではなく中国語で表示させる方法

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/02/27 07:00

EclipseのLanguageパックを導入すれば、世界中の言語をメニューに表示させることができる。

 Eclipseを使った開発する際、多くのプロジェクトでLanguageパックを導入し、Eclipseの各種メニューを日本語させているのではないだろうか? EclipseはデフォルトのLocaleを読み込み、自動的にローカライズしてしまうため、Languageパックに含まれている様々な言語に触れる機会はほとんどない。

 そこで、ここではEclipseのメニューを中国語に変えるやり方を例に、日本語以外の言語を表示させる、ちょっとしたTipsを紹介しよう(Windowsの場合)。

 やり方はとても簡単。「eclipse/configuration/config.ini」を開き、「# End of file marker - must be here」とコメントされている行の上に、以下の1行を追加する。

osgi.nl=zh

 あとは普通にeclipseを起動するだけだ。これでメニューが中国語化される。

メニューが中国語になる。なお、Localeは変更されていない
メニューが中国語になる。なお、Localeは変更されていない

 先ほどのソースの右辺を変えるだけで、いろんな言語に変更することができる。ちなみに、「NLpack1」は以下の言語に対応している。

対応表
引数言語
deドイツ語
esスペイン語
frフランス語
itイタリア語
ja日本語
ko韓国語
pt_BRポルトガル語(ブラジル)
zh簡体字中国語(Simplified Chinese)
zh_HK繁体字中国語・香港(Traditional Chinese)
zh_TW繁体字中国語・台湾(Traditional Chinese)

 もし職場に外国から来たプログラマがいたら教えてあげよう。ひょっとしたら喜んでくれるかもしれない。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5