Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

罫線とセルの塗りつぶし機能を持つ表計算ソフトを作る

SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Editionで書式を設定する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/03/15 07:00

 表計算ソフトといえば、データを入力したセルを選択し色々と操作をしますが、見やすい表を作るためのセルの背景色設定や罫線設定は欠かせない機能になっています。これらの機能も、SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Editionを使うと、自分のプログラムに簡単に実装できます。

目次
1行おきにセルの背景色を塗りつぶす
1行おきにセルの背景色を塗りつぶす
選択したセル範囲を塗りつぶし罫線を設定する
選択したセル範囲を塗りつぶし罫線を設定する

はじめに

 表計算ソフトと言えば、データを入力したセルを選択しいろいろと操作をしますが、見やすい表を作るためのセルの背景色設定や罫線設定は欠かせない機能になっています。これらの機能も、「SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Edition」を使うと、自分のプログラムに簡単に実装できます。そこで、選択したセル範囲を把握し、その範囲に対してセルの塗りつぶしや罫線を設定する機能を持った表計算ソフトを作ってみました。

対象読者

 Visual Basic 2005を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005またはVisual Studio 2005でプログラムが作れる環境。

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります。

  • FarPoint.Win.SpreadJ.dll (本体アセンブリ)
  • FarPoint.Win.dll (共通アセンブリ)
  • FarPoint.PluginCalendar.WinForms.dll (プラグインカレンダーDLL)
  • Farpoint.CalcEngine.dll (表計算エンジンDLL)

 これらのファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。

 また、.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

コンポーネントのインストール

 はじめて「SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Edition」を使用する方は、プロジェクトに「SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Edition」をインストールする必要があります。インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできるので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すれば入手できます。ファイルはLZH形式で圧縮されています。

 有償のコンポーネントですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 「SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Edition」をインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、「SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Edition」のコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、「.NET Frameworkコンポーネント」の「名前空間」が「FarPoint.Win.Spread」で始まる名前空間のコンポーネント「FpSpread」です。

「GrapeCity.Win.Input」で始まる名前空間のコンポーネント「FpSpread」を追加する
 「GrapeCity.Win.Input」で始まる名前空間のコンポーネント「FpSpread」を追加する

GUIの作成

  FpSpreadコンポーネント以外に、罫線やセルの背景色の設定にVS標準のToolStripコントロールを使用します。また、色を選択できるように、ColorDialogコントロールも使用します。

GUIに使用するコンポーネント
 GUIに使用するコンポーネント

コンポーネントの配置と設定

 フォームにToolStripコントロールを配置します。そして、[DropDownButton]を図のような階層状に組み込んでいきます。

 
リストからDropDownButtonを選ぶ
 リストからDropDownButtonを選ぶ
メニュー「背景色」の設定
 メニュー「背景色」の設定
メニュー「罫線」の設定
 メニュー「罫線」の設定
 
また、各メニューのNameプロパティを下表のようにします。これらの値は、DropDownButtonのTextプロパティを設定した時点で自動的に付けられますが、もし自動的に設定できない場合は手動でこの名前になるように設定してください。
 
メニュー「背景色」の設定
設定箇所 設定値
設定 背景色設定ToolStripMenuItem
背景色ToolStripMenuItem
元に戻す 元に戻すToolStripMenuItem
 
メニュー「罫線」の設定
設定箇所 設定値
設定-標準 標準ToolStripMenuItem
設定-くぼみ くぼみToolStripMenuItem
罫線色ToolStripMenuItem
線なし 線なしToolStripMenuItem
 
 
  1. フォームにToolStripコントロールを配置します。そして、[DropDownButton]を図のような階層状に組み込んでいきます。
  2. FpSpreadコンポーネントをフォームに配置し、Dockプロパティを[Fill]に設定します。
  3. ColorDialogコントロールをフォームに配置します。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(SPREAD)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5