CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、Java用DIフレームワーク「Guice」をオープンソースとしてリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/03/13 12:33

Googleは、社内で利用していたJava用DIフレームワーク「Guice」をオープンソースとしてリリースした。

 Googleは、社内で利用していたJava用DIフレームワーク「Guice」をオープンソースとしてリリースした。Google Codeよりダウンロードできる。

 「Guice 1.0」(「ジュース」と読む)は、Dependency Injection(依存性注入)のフレームワークで、Java5をベースに開発がされていた。Guice 1.0は、静的メンバの依存性注入やカスタムスコープといった機能を盛り込んでいる。

 同じDIコンテナというと「Spring」があるが、GuiceはDIに特化したつくりになっているためSpringとは競合しないという。その一方で統合手段も用意されており、AOP Allianceインターセプターにも対応している。

 Guice 1.0は、Bob Lee氏によって開発が進められていた。Wikiによると、その開発目的はGoogleの中でも特に巨大なアプリケーション「AdWords」で使われるためだと述べられている。

Google Code:Updates: Guice, Google's internal Java dependency injection framework, released as open source
Google Code Wiki:google-guice
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5