Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

新卒エンジニアの学生100名が回答した、入社後のキャリアに関する意識調査発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/23 18:25

 エンジニアに特化した新卒向け就職支援エージェント「レバテックルーキー」は、2020年入社予定の新卒エンジニアを対象に実施した、新卒入社後のキャリアに関する意識調査の結果を発表した。

 新卒入社後のキャリアに関する意識調査は、8月2日から8月21日に実施され、2020年エンジニア職で新卒入社予定の学生100名の有効回答を得ている。

将来的に希望するポジションの第1位はPM/PMO

 学生に人気の高いポジションの1位はマネジメント志向である「PM/PMO」、次いで技術志向である「フルスタックエンジニア」「スペシャリストエンジニア」が続く。起業や事業責任者といった志向よりも、エンジニアとしてプロジェクトの運用にしっかりと関わりたいという傾向が伺える。

将来的に希望するポジション
将来的に希望するポジション

学生にも働き方改革の意識が浸透

 将来的に希望する勤務形態については、「現時点で考えていない」と答えた学生が半数以上を占めるものの、リモートワークを希望する学生は27.7%、ダブルワークを希望する学生は12.8%という結果になった。勤務形態に対する要望は、実際に入社してから希望が出てくる傾向にあるものの、リモートワークやダブルワークに対しての興味は入社前から比較的高く、近年話題となっている働き方改革についての意識が浸透している様子が垣間見える。

将来的に希望する勤務形態
将来的に希望する勤務形態

エンジニアとしてのスキルや経験を3~5年で確立し、次のステップへ

 入社後のキャリアチェンジの時期を問う質問では、1~3年以内にキャリアチェンジを考えている学生は17.0%にとどまり、5年以上の勤続を考えている学生が34.0%、時期までは考えていない学生が32.1%であることが分かった。エンジニアとしてキャリアを確立できると考えている年数が3~5年程度であり、その年数は新卒入社の企業で経験を積み、次のステップを検討する学生が多いことが伺える。

 近年では、「タイムパフォーマンス」を重視する傾向が強く、時間に対して得られるスキル・経験などのリターンの捉え方がシビアになっている。従来からの「新人から数年間は下積み期間」といった考え方は、学生にとっては少々受け入れ難いものとなっている。

入社後、何年でキャリアチェンジを実現したいか
入社後、何年でキャリアチェンジを実現したいか

 また、キャリアチェンジを考えている理由として、第1位は「スキルアップのため」(47.2%)。また第2位が「年収アップのため」(22.6%)となっており、年収を上げるためには転職をしなければならないのではないか、と捉えている層が一定数存在することも伺える。

キャリアチェンジを実現したい理由

キャリアチェンジを実現したい理由

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5