CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、「Windows Subsystem for Linux 2」を発表、将来的にはGPUコンピューティングやGUIアプリのサポートも

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/21 17:20

 米Microsoftは、5月19日(現地時間)に開催された開発者向けオンラインカンファレンス「Build 2020」において、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)に関するさまざまな発表が行われた。

 「WSL 2」は「Build 2019」で最初のプレビューが公開され、同プレビューではLinuxカーネルとの完全なシステムコールの互換性を実現するとともに、従来の「WSL」と比較して3~6倍の高速化を果たしている。

 なお、「WSL 2」は「Windows 10 May 2020 Update」にて提供を予定している。

 また、「WSL 2」の発表にあわせて、米DockerはWindows版「Docker Desktop」を「WSL 2」上にホストすることを決定しており、「Windows 10 May 2020 Update」が適用された環境に「Docker Desktop」がインストールされると、デフォルトで「WSL 2」上にて実行されるようになる。それにともない、「Docker Desktop」はWindows 10 Homeユーザーにも提供される。

 今後は、「WSL」をインストールする際に使用するコマンドラインツール「wsl.exe」を改善し、インストールを容易にするほか、「WSL」の初回インストールの際にはデフォルトで「WSL 2」がインストールされるようにする。

 さらに、GPUコンピューティングとして「NVIDIA CUDA」と「DirectML」のサポートも追加予定で、今後数か月以内にプレビューが開始される。「WSL 2」がGPUコンピューティングをサポートすることで、WSL環境を利用してより手軽にGPUコンピューティングの開発やトレーニングが行えるようになる。

 「WSL 2」では、Linux向けGUIアプリのサポートも進められており、実現すればWindows上でLinuxのGUIアプリをシームレスに利用できる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5