CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、Linux用Microsoft Edgeの最初のプレビュー版を公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/26 13:00

 米Microsoftは、Linux用Microsoft Edge Dev Channelが利用可能になったことを、10月20日(現地時間)に発表した。

 今回のリリースによって、Windows、macOS、Linux、およびiOS、Androidモバイルという、主要なデスクトップ/モバイルプラットフォームのすべてで、Microsoft Edgeが利用できるようになり、好みの環境でビルドとテストを行うことが可能になる。

 現時点では、Ubuntu、Debian、Fedora、openSUSEをサポートしており、今後は同じくMicrosoft Edgeをサポートしている他のプラットフォームとともに、通常のDev Channelケイデンスに従って毎週ビルドをリリースしていく予定となっている。

 LinuxにMicrosoft Edgeをインストールするには、Microsoft Edge Insiderサイトから直接.debまたは.rpmパッケージをダウンロードするか、Microsoft Edge Insiderサイトの“Command line installation”から、各ディストリビューションのパッケージ管理ツールを使用してインストールを行う。

 今回リリースした最初のプレビュー版では、Linuxでサイトやアプリを構築してテストしたい開発者に、代表的なエクスペリエンスを提供することを目指しており、コアレンダリング、拡張機能、DevTools、テスト自動化機能といった、Webプラットフォームおよび開発者ツールの機能は、他のプラットフォームと同様に動作することが求められる。

 なお、一部のエンドユーザー機能およびサービスは、まだ完全には有効になっていない可能性があり、特に最初のリリースではローカルアカウントのみがサポートされ、MicrosoftアカウントやAADアカウントを介したMicrosoft Edgeへのサインイン、あるいはサインインが必要な機能は、将来的に利用できるようになる。

 不具合の報告やフィードバック、機能のリクエストは「Send Feedback」で送信が可能なほか、Microsoft Edgeバウンティプログラムの提出も受け付けている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5