CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IDC Japan、2020年上半期の国内情報セキュリティ市場予測を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/18 08:00

 IDC Japanは、2020年上半期までの実績に基づく、ソフトウェアとアプライアンス製品を含む国内の情報セキュリティ製品市場とセキュリティサービス市場の、2020年~2024年の予測を、1月13日に発表した。

 2020年の国内情報セキュリティ製品市場は、ソフトウェア製品の市場規模(売上額ベース)が前年比7.0%増の3035億円で、うちSaaS型セキュリティソフトウェアの市場規模(売上額ベース)は、前年比25.8%増の497億円と予測している。また、セキュリティアプライアンス製品の市場規模(売上額ベース)は前年比3.9%増の565億円、2020年の国内セキュリティサービスの市場規模(支出額ベース)は、前年比3.9%増の8,666億円との予測を示した。

 同社は、2021年以降も在宅勤務を継続する企業が多いとみており、リモートワークの普及拡大と政府のデジタル化推進によって企業でのDXも進展し、オンプレミスのIT環境はクラウド環境へと移行が加速すると考えられる。

 また、EU一般データ保護規則(GDPR)など海外のプライバシー法や、個人情報保護法、セキュリティ対策基準「NIST SP800-171」といった情報ガバナンスやコンプライアンス対応強化の必要性の高まりや、東京2020オリンピック・パラリンピックにともない標的型サイバー攻撃の多発が見込まれることなどから、国内セキュリティソフトウェア市場ではセキュアなアクセスコントロールに対するアイデンティティ/デジタルトラストや、高度サイバー攻撃に対するエンドポイントセキュリティ、クラウドサービスへのセキュリティに対するWebコンテンツインスペクションを中心にニーズが高まり、2019年~2024年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は6.0%で、市場規模(売上額ベース)は2019年の2837億円から2024年には3798億円に拡大すると予測している。

 国内SaaS型セキュリティソフトウェア市場は、クラウド環境へのセキュリティニーズの高まりによって、2019年~2024年におけるCAGRは18.3%、市場規模(売上額ベース)は2019年の395億円から2024年には915億円に拡大すると予測する一方で、国内セキュリティアプライアンス市場は2020年の大規模なVPN接続での問題が顕在化したことから、インターネット回線から直接クラウドサービスへ接続する利用を許可する企業も増え、VPNへの需要が低下するとともに、IT環境のクラウドシフトが加速してセキュリティアプライアンス市場への需要が減速し、2019年~2024年におけるCAGRはマイナス1.1%で、市場規模(売上額ベース)は2019年の544億円から2024年には514億円に縮小するとみられる。

 国内セキュリティサービス市場は、クラウド環境に対するセキュリティ構築サービスや、マネージドセキュリティサービスやMDRサービスといったセキュリティシステム運用管理サービスへの需要が高まっていることから、2019年~2024年のCAGRは3.4%、市場規模(支出額ベース)は2019年の8340億円から2024年には9843億円に拡大すると予測している。

2017年~2024年における国内情報セキュリティ市場の製品セグメント別売上額予測
2017年~2024年における国内情報セキュリティ市場の製品セグメント別売上額予測

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5