CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Web開発者必須の全部入りEclipse「wtp-all-in-one 2.0」もリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/07/02 13:27

Eclipse 3.3のリリースと同時にWTP 2.0もリリースされた。必要なプラグインが同梱されている「wtp-all-in-one-sdk」も公開されている。

 Eclipse 3.3のリリースと同時にWTP 2.0もリリースされた。必要なプラグインが同梱されている「wtp-all-in-one-sdk」も公開されている。WTPのプロジェクトページからダウンロードすることができる。

 WTPは「Web Tools Platform」の略で、HTML、JavaScript、CSS、XML用の各エディタやサーバ連携モジュール、データベース連携モジュールなどが含まれているプラグイン。同プラグインを利用するにはEclipse 3.3に加え、「emf-sdo-xsd-SDK-2.3.0」「GEF-SDK-3.3」「dtp-sdk_1.5」の各プラグインが必要になる。

 これら必須となるプラグインをまとめたEclipseが「wtp-all-in-one」パッケージだ。このパッケージをインストールすれば特別な設定なしで最新版のEclipseとWTPを使用することが可能となる。

 WTP 2.0のサーバーモジュールは「Tomcat」「WebSphere」「JBoss」「JOnAS」「Oracle OC4S Standalone Server」に対応している。また、データベースモジュールは「MySQL 5.0/5.1」への対応を果たしている。

Web Tools Platform (WTP) Project
Eclipse Web Tools Platform (WTP) Downloads

CodeZine:数々の新機能を搭載して「Eclipse 3.3」リリース
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5