CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、「SharePoint Framework 1.15」の最初のパブリックプレビューをリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/10 16:30

 米Microsoftは、クライアント側のSharePointの開発、SharePointデータとの容易な統合、Microsoft Teamsの拡張をサポートするWebパーツモデルである「SharePoint Framework(SPFx) 1.15」の、最初のパブリックプレビューを3月8日(現地時間)にリリースした。

 「SPFx 1.15」のプレビューリリースでは、Microsoft Graph JavaScript SDK v3がサポートされ、開発者は使用するSDKのバージョンを選べるようになったほか、コマンドセット拡張テンプレートを更新して、APIレベルの非推奨に合わせるとともに、顧客やパートナーから報告された問題に基づき、さまざまな改善や調整が行われている。

 同社は現在、「SPFx 1.15」の2022年前半での一般提供に向けて作業を行っており、一般提供の前に以下の機能のプレビューリリースでの提供を予定する。

  • 分離されたアダプティブカード拡張機能
  • アダプティブカード拡張機能カードビューキャッシング
  • Teams WebにおけるSPFxコンポーネントのTeams OBOフロー活用
  • リスト追加およびリスト/ライブラリフォーム編集用の新しいSPFxカスタマイザ
  • TypeScript V4のサポート
  • Node V16のサポート
  • Teams SDK V11(可能ならばそれ以降)のサポート
  • アプリ取得フローにおけるサービスプリンシパル登録の有効化

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5