Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Silverlight入門(1)-XAMLの文法

Silverlightの概要とXAML

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/11/09 14:00

本稿では、ブラウザでプラグインとして動作する高度なグラフィックスやアニメーションを実現するためのアプリケーション実行環境 Silverlightを解説いたします。Silverlightは、JavaScriptとXMLベースのアプリケーション記述言語XAMLを用いて開発することができます。

目次

はじめに

 Microsoft Silverlightは、ブラウザ内で動作するプラグインの一種でWebベースでリッチなユーザーインターフェースやユーザー体験を提供するアプリケーションの作成をサポートします。一般にAdobe Flash技術に競合する技術として解釈されています。

 Silverlightはテキストで書かれたソースファイルを読み込み、必要なオブジェクトを画面に表示します。表示されているオブジェクトはJavaScriptから制御することができます。どちらもテキストで書くことができるため、Siverlightの開発に特別なツールや開発環境は必要ありません。テキストエディタとブラウザがあれば、Silverlightプラグインをインストールするだけで開発に取り掛かることができます。

 Silverlightで画面に表示する図や画像などのUI情報はExtensible Application Markup Language(XAML)と呼ばれるXMLベースの言語を用います。XAMLは、Microsoft .NET Framework 3.0でUI要素を宣言するためのマークアップ言語として作られたもので、Silverlight以外でもWindows Presentation Foundation(WPF)やExpression製品などで応用されています。

 WPFで用いられるXAMLは、さまざまなコントロールや3Dオブジェクトの表示をサポートしていますが、Silverlight 1.0のXAMLは非常に制限された機能しか持ちません。便利なコントロールは用意されておらず、3D機能もありません。コントロールなどについては将来のバージョンでサポートされる予定ですが、現時点では図や画像を表示する機能が中心と考えてください。

 Silverlight 1.0でサポートされているオブジェクトの詳細はMSDNの「Silverlight」のページにあるリファレンスが役立ちます。WPFのXAMLに関しては「XAMLの概要」などをご覧ください。

 Silverlightの動作環境、インストールについてはMicrosoftのSilverlight公式サイトをご覧ください。本稿のサンプルコードはWindows Vista、Internet Explorer 7、Silverlight 1.0の構成で実行しています。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 赤坂 玲音(アカサカ レオン)

    平成13年度「全国高校生・専門学校生プログラミングコンテスト 高校生プログラミングの部」にて最優秀賞を受賞。 2005 年度~ Microsoft Most Variable Professional Visual Developer - Visual C++。 プログラミング入門サイト Wis...

バックナンバー

連載:Silverlight入門
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5