SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

出社頻度が低いほうが転職意向も低い傾向、サーバーワークスがエンジニアの出社頻度と働き方の満足度を調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サーバーワークスは、全国に住む20歳以上の企業に勤めるエンジニアに対して実施した「エンジニアの出社頻度と働き方の満足度に関する調査」の結果を10月31日に発表した。

 本調査は、8月18日〜8月24日の期間にインターネット上で行われ、全国に住む20歳以上の企業に勤めるエンジニア男女537名から有効回答を得ている。

 現在の出社頻度を尋ねたところ、約4割のエンジニアが週5日出社していることがわかった。また、約半数以上が出社の頻度を自分で決められるものの、約4割のエンジニアは出社頻度について会社の決まりがあると答えた。

 年代別の出社頻度を見ると、50歳以上のエンジニアは週5出社の割合が約半数に達し他の年代よりも多く、フルリモートで働いている割合が最も多いのは20代となった。長年、週5日出勤することが当たり前だった上の世代ほど、週5日出社している傾向にあると推測できる。

 出社の頻度について会社の決まりがあると答えたエンジニアの出社頻度は、約6割が週5出社だった。

 一方、出社の頻度を自分で決められるエンジニアで、週5出社を選択している人は2割近くに過ぎず、その他週3〜4日程度やフルリモートを選択しているエンジニアが、それぞれ約2割、週2や1程度も約1割おり、人によって選ぶ出社頻度にばらつきがあった。このことから、会社が決める出社頻度と、エンジニア本人が望む出社頻度に乖離がある可能性が推測される。

 出社頻度の裁量による働き方に対する満足度の違いを見てみると、出社の頻度を自分で決められるほうが、「満足している」(「非常に満足している」もしくは「やや満足している」)と答えたエンジニアが多く約8割近くにのぼり、内訳を見ると、出社の頻度を自分で決められるほうが、働き方に「非常に満足している」と答えたエンジニアの割合が、会社の決まりがあるエンジニアと比較して10%近く多いことがわかった。

 出社頻度による満足度の違いを見ていくと、「フルリモート」のエンジニアの約8割が、「満足している」と答え、なかでも「非常に満足している」と答えた割合が約4割近くになっている。

 また、出社頻度と転職意向の関係性を見ていくと、週1程度以上出社しているエンジニアでは3割から5割近くが転職意向があるのに対し、フルリモートを含む月2〜3程度以下の頻度で出社しているエンジニアは約2割程度と、出社頻度が低いほうが転職意向も低い傾向にあることがわかった。

 自ら選択してフルリモートをしているエンジニアと、会社の決まりで週5日出社しているエンジニアの満足度を比較してみたところ、「非常に満足している」と答えた割合に30%近くの差があり、「やや満足している」とあわせた「満足している人」の割合も、20%近くの差があった。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18604 2023/11/02 11:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング