CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

FileMaker Pro のスクリプトを使った高度な機能の実装

第5回 PDFで出力しメール添付で送信してみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/12/17 17:00
目次

スクリプトをボタンに割り当てる

 話をもとに戻しましょう。リンクボタンを置くところまで来ました。このボタンにスクリプトを割り当て、報告書詳細を表示するようにします。

 ボタンに割り当てるスクリプトを作成しましょう。[メニュー]-[スクリプト]-[ScriptMaker]を選択して、スクリプトの管理を表示させ、新規スクリプトを作成します。

スクリプトの管理で新規スクリプトを作成する
スクリプトの管理で新規スクリプトを作成する
スクリプトの編集
スクリプトの編集

 スクリプト名は「報告書詳細へ」にして、左側に表示されている「切り替え/移動」のカテゴリーから、[関連レコードへ移動]を選択してダブルクリックすると、右側にコピーされます。画面右下の[指定]ボタンをクリックしてTO(Table Occurrence)や、移動後に利用するレイアウト、表示するレコードを指定します。

オプションの指定
オプションの指定

 「関連レコードの取得元」はclients_reports TOを選択し、「レコードの表示に使用するレイアウト」に[報告書詳細]レイアウトを選択します。ここで注意して欲しいことは、「レコードの表示に使用するレイアウト」で選んだレイアウトは「関連レコードの取得元」に選択したTOを利用して作成されていなくても、選択することができます。つまりclients_reportsTOを使って移動しても、reports TOを使っている報告書レイアウトを表示させることができるということです。

リレーションシップ
リレーションシップ

 指定したら[OK]ボタンをクリックして、スクリプトの編集画面に戻りましょう。ウィンドウを閉じ、変更を保存します。「スクリプトの管理」ウィンドウも閉じて、レイアウト画面に戻ります。

 先ほど追加したボタンを選択して右クリックし、[ボタン設定]を選択します。左側の一覧から[スクリプトを実行]を選択して、[指定]ボタンをクリックするとスクリプトの一覧が表示されるので、先ほど作成した「報告書詳細へ」スクリプトを選択します。

ボタンの設定
ボタンの設定
「報告書詳細へ」スクリプトの選択
「報告書詳細へ」スクリプトの選択

 選択が終ったら、レイアウトモードからブラウズモードに戻ります。

 サンプルファイルでは、報告書タブに一つだけ、報告書レコードが表示されています。今、追加したボタンをクリックすると、報告書詳細画面が表示されます。

ボタンをクリックすると…
ボタンをクリックすると…
報告書詳細画面が表示される
報告書詳細画面が表示される

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:FileMaker Pro 実践チュートリアル

もっと読む

著者プロフィール

  • 今泉 みゆき(イマイズミ ミユキ)

    秘書 兼 仕入事務 兼 営業担当という自分の業務を楽にするためにツールとして選んだファイルメーカーPro 3.0の魅力にとりつかれ、開発者として独立。2006年5月より、ぴかいち有限会社にてシステム開発全般に携わっている。FileMaker開発者向けの情報発信サイト「Knockin' on Seve...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5