CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScriptを使わずに携帯サイトに地図を貼れる「Google Static Maps API」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/03/10 13:37

Googleは公式ブログで、JavaScriptを使わない「Google Static Maps API」について発表。コーディングの必要がないため、マップの表示スピードの向上を図ることができる。

 Googleが地図サービス「Googleマップ」をウェブページに埋め込む方法として「GoogleマップAPI」を提供しているが、今回発表された「Google Static Maps API」は、JavaScriptを使用せずに地図表示をカスタマイズすることができる点が特徴。

 1行の<img>タグで定義されたURLがStatic Mapsサービスに送信されると、URLで与えられたパラメータにしたがって動的にイメージが生成され、携帯電話で表示したり添付ファイルとして電子メールで送信することもできる。6つのパラメータによって、ズームレベルを0~19の間で指定したり、マップの表示タイプ(roadmapとmobile)を指定することができる。そのうち、必須のkeyパラメータには「Google Maps APIキー」を指定する。

 すぐに試してみたい人向けに、「Static Maps Wizard」という簡易ツールが公開され、APIキーがなくても表示したい住所を入力するとURLが作成される。

 
【関連リンク】
Google Japan Blog: Google マップが携帯でも表示できるようになりました
Static Map Wizard

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5