Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Japan Linux Symposium」の開催日程が決定、発表者の募集を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/03 16:45

 Linuxのグローバルな非営利団体であるThe Linux Foundationでは、公開技術シンポジウム「Japan Linux Symposium」の開催日時を2009年10月21日~23日に決定した。

 Linuxのグローバルな非営利団体であるThe Linux Foundationでは、公開技術シンポジウム「Japan Linux Symposium」の開催日時を2009年10月21日~23日に決定した。10月18日~20日にLinuxカーネル主要開発者会議「Kernel Summit」が東京で開催され、カーネル開発者たちが来日する機会に合わせた形となる。

 同シンポジウムは、公募・審査を経た技術発表がプログラムの中核で、2月2日には全世界から発表者募集(Call for Participation)が開始された。Linuxカーネルはもちろんのこと、アプリケーション開発、クラウドコンピューティング、組み込みシステムへの適用、仮想化など、広範な領域における技術が発表の対象となる。募集期間は4月1日までで、5月15日に審査結果が発表される。

 シンポジウムの開催場所は東京都内(秋葉原)を予定している。Linuxおよびオープンソースソフトウェアに関心を持つすべての開発者、Linuxユーザー(企業の技術者、経営者)、学生、報道関係者などを含め、約2,000人の来場を見込んでいる。

 Kernel Summitは、Linus Torvalds氏をはじめとする世界中の主だったLinux開発者が一堂に会し、Linuxの現状や次の開発サイクルを議論する年に一度のイベント。今年の東京で9回目、アジアでは初の開催となる。Linuxコミュニティのリーダーたちが多く来日する予定で、参加はLinuxコミュニティの推薦による招待制となっている。

 
【関連リンク】
Japan Linux Symposium
Call for Participation
公開技術シンポジウム「Japan Linux Symposium」開催日程を10月21日~23日に決定し、発表者の募集を開始:The Linux Foundation Japan

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5