CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ドロップダウンリストボタンを使った.NETアプリケーションを作る

PlusPak for Windows Forms 5.0JのGcDropDownButtonコントロールを使ったアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/03/24 14:00
目次

フォームをドラッグして移動させる処理

 おまけとして、フォームをドラッグして移動させる処理を組み込んでおきます。このプログラムのフォームはタイトルバーがありませんから、フォームをマウスでドラッグして移動させることができないからです。

 そこで、フォームのMouseDown、MouseMoveイベントハンドラを使ってフォームが移動できるようにします。処理は簡単で、MouseDownイベントでマウスポインタの位置を取得しておき、MouseMoveイベントで再度マウスポインタの位置を取得して移動量を算出し、フォームのLeft・Topプロパティの値をその移動量分変化させるだけです。

Visual Basic
Private mp As Point

Private Sub Form1_MouseDown(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.MouseEventArgs) Handles Me.MouseDown
    If e.Button = Windows.Forms.MouseButtons.Left Then
        mp = New Point(e.X, e.Y)
    End If
End Sub

Private Sub Form1_MouseMove(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.Forms.MouseEventArgs) Handles Me.MouseMove
    If e.Button = Windows.Forms.MouseButtons.Left Then
        Me.Left += e.X - mp.X
        Me.Top += e.Y - mp.Y
    End If
End Sub
C#
private Point mp;
private void Form1_MouseDown(object sender, MouseEventArgs e)
{
    if (e.Button ==  MouseButtons.Left)
    {
        mp = new Point(e.X, e.Y);
    } 
}

private void Form1_MouseMove(object sender, MouseEventArgs e)
{
    if (e.Button == MouseButtons.Left)
    {
        this.Left += e.X - mp.X;
        this.Top += e.Y - mp.Y;
    }
}

まとめ

 ドロップダウンリストボタンは、ボタンにメニュー機能を組み込んだ面白いボタンコントロールです。

 メニューはフォームの上部に配置されますが、このボタンならフォームのどの位置でもメニューを組み込むことができます。イベント処理も難しくありませんので、新しいフォームのデザインに活用できるのではないでしょうか。

製品情報



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5