Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「W3C Markup Validator 1.0」リリース
HTMLやXHTMLなどのマークアップをチェック

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/06/15 18:21

 Web標準を策定するW3C(World Wide Webコンソーシアム)は14日、HTMLやXHTMLといったWeb文書のマークアップをチェックする「W3C Markup Validator 1.0」をリリースした。

公式サイトでオンラインチェックできるほか、Source code availabilityページからCVS、tarball、RPMパッケージなどの形式でダウンロードもできる。

 「W3C Markup Validator」は、Web文書がW3Cの勧告などWeb標準に準拠しているかどうかをチェックするツールで、HTMLのタグや属性、文法の間違いなどを指摘してくれる。1990年代後半から公開されていたが、2002年に0.6というバージョン番号が付けられ、8年かけてバージョン1.0に到達した。

 
【関連リンク】
The W3C Markup Validation Service
News for the W3C Markup Validator

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5