Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Webフォームモデルバインディング パート3:更新と検証 (ASP.NET 4.5シリーズ)

連載:ScottGu's Blog翻訳

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/11/15 14:00

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。

目次

 原典:Web Forms Model Binding Part 3: Updating and Validation (ASP.NET 4.5 Series)

 ASP.NET 4.5のブログ投稿シリーズで、今回は5回目になります。

 次期リリースの.NETおよびVisual Studioには、新機能が非常に多く含まれています。ASP.NET 4.5では、WebフォームとMVC、またそのどちらもの基盤となっているASP.NETコアも含め、非常に素晴らしい改善点が多く見られます。

 Webフォームの新しいモデルバインディングサポートについてのシリーズで、本日の投稿は3回目になります。モデルバインディングは、ASP.NET Webフォームにある既存のデータバインディングシステムの拡張で、コードにフォーカスしたデータアクセスの枠組みを提供します。ASP.NET MVCで最初に導入したモデルバインディング概念の大部分を利用し、Webフォームのサーバーコントロールモデルとうまく統合できます。

 このモデルバインディングシリーズの最初の2つについては、Webフォームモデルバインディング パート1:データの選択ユーザーの入力に応じたデータのフィルタリングから参照できます。

 本日の投稿では、データ更新時におけるモデルバインディングの改善点を見ていきます。

はじめに

 前回の投稿で、NorthwindのProductsテーブルにあるデータを表示させるために、モデルバインディングを構成しましたが、そのGridViewのサンプルから始めましょう。GridViewは、構成されたGetProductsメソッドを呼び出します。それは、Entity Framework コードファーストを使用しているため、Northwindデータのコンテキストインスタンス上のProductsプロパティを簡単に返します。

 DataKeyNamesプロパティに、モデルタイプのプライマリキー(もしくはキー)を設定することが重要です。これにより、GridViewがブラウザとサーバー間でこの値をやりとりできるからです。

<asp:GridView ID="productsGrid" runat="server" DataKeyNames="ProductID"
    ModelType="ModelBindingPart3.Product"
    AllowPaging="true" AllowSorting="true" AutoGenerateColumns="false"
    SelectMethod="GetProducts">
    <Columns>
        <asp:BoundField DataField="ProductID" HeaderText="ID" />
        <asp:BoundField DataField="ProductName" HeaderText="Name" SortExpression="ProductName" />
        <asp:BoundField DataField="UnitPrice" HeaderText="Unit Price" SortExpression="UnitPrice" />
        <asp:BoundField DataField="UnitsInStock" HeaderText="# in Stock" SortExpression="UnitsInStock" />
    </Columns>
</asp:GridView>

 以下は、コードビハインドファイルの様子です(GetProductsメソッドが含まれています)。

public partial class _Default : Page
{
    private Northwind _db = new Northwind();

    public IQueryable<Product> GetProducts()

    {
        return _db.Products;
    }
}

 このページを実行すると、予想していた製品データの含まれた表が生成されます。

 GetProductsメソッドはIQueryable<Product>を返すので、ユーザーは簡単にGridView内でデータのページングやソートが行えます。ページ上では、10行のみがデータベースから返されます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト Chica(チカ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Scott Guthrie氏 Blog翻訳

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5