CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

画像をパスワード付きPDFドキュメントに変換する.NETアプリケーションの作成

LEADTOOLS 16.5J Document ImagingのRasterImageViewerコンポーネントを使ったアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/02/29 14:00
目次

コンポーネントのインストール

 この記事の手順を試すには、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にLEADTOOLS 16.5Jをインストールする必要があります。インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。

 製品ページのトライアル版申込フォーム下部にある[同意する]ボタンをクリックして、グレープシティのWebサイトへ必要情報を登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきますので、ここからダウンロードします。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールと参照の追加

 LEADTOOLS 16.5Jをインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは、アセンブリ名が「Leadtools.WinForms(16.5.0.0)」の「RasterImageViewer」コントロールです。

アセンブリ名が「Leadtools.WinForms(16.5.0.0)」の「RasterImageViewer」コントロールを選択する
アセンブリ名が「Leadtools.WinForms(16.5.0.0)」の「RasterImageViewer」コントロールを選択する

 また、プロジェクトに以下のランタイムライブラリへの参照を追加します。LEADTOOLS 16.5Jでは、アプリケーションで使用する画像に対応したフィルタファイルへの参照も必要になります。

ランタイムライブラリ
ファイル 内容
Leadtools.dll LEADTOOLS本体
Leadtools.Codecs.dll LEADTOOLSでサポートされている画像形式の画像データ読み込み/保存を行うクラス
Leadtools.Codecs.Cmp.dll JPEG画像形式の画像データ読み込み/保存を行うクラス
Leadtools.Codecs.Fax.dll FAX形式の画像データ読み込み/保存を行うクラス
Leadtools.Codecs.Pdf.dll PDF形式の画像データ読み込み/保存を行うクラス
Leadtools.WinForms.dll LEADTOOLSを使用してWindowsフォームアプリケーションを作成するためのクラス
 

LEADTOOLS 16.5JのPDF変換機能について

 LEADTOOLS 16.5JのPDF Write Plug-In/PDF Read Plug-Inモジュールを使用すると、PDFのバージョンが1.2/1.3/1.4/1.5/PDF/Aのものの読み込み、および書き込みができます。PDF読み込み機能はマルチページに対応しており、特定のページを指定してロードしたり、ドキュメントに含まれるページ数を取得することもできます。また、書き込み機能もマルチページに対応しており、LEADTOOLSによって作成されたPDFファイルに特定のページを追加、挿入、置換、削除できます。

 PDFプラグインには、PDFを作成する際に次のような圧縮オプションがあります。

PDFプラグインの圧縮オプション
オプション 内容
圧縮なし
CCITT Group3 1次元圧縮。1ビット画像用
CCITT Group3 2次元圧縮。1ビット画像用
CCITT Group4 圧縮。1ビット画像用
JPEG圧縮、YUV 4:4:4 カラースペース、ロスレス。グレースケールの場合は8ビット、カラーの場合は24ビット
JPEG圧縮、YUV 4:2:2 カラースペース。グレースケールの場合は8ビット、カラーの場合は24ビット
JPEG圧縮、YUV 4:1:1 カラースペース。グレースケールの場合は8ビット、カラーの場合は24ビット

 また、圧縮画像データをテキスト形式に変更するためのエンコード方式も次の3種類で制御できます。

  1. テキストエンコードを使用しない
  2. ASCII 85テキストエンコード方式を使用
  3. ASCII HEXテキストエンコード方式を使用

 実際に画像をPDFファイルに変換するには、対象の画像をRasterCodecsクラスのSaveメソッドを使ってPDF形式で保存するだけです。この保存の際に、CodecsPdfSaveOptionsクラスのメンバプロパティを使用すると、PDF形式に設定されている各種セキュリティ設定を組み込んで保存できます。

CodecsPdfSaveOptionsクラスのメンバプロパティ
プロパティ 内容
AssembleDocument 文書アセンブリの許可/禁止
ExtractText テキストコピーの許可/禁止
ExtractTextGraphics グラフィックコピーの許可/禁止
FillForm フォームの入力の許可/禁止
LowMemoryUsage PDFファイルの作成時にJPEGまたはFAX圧縮を使用し、メモリ使用量を抑えるかどうかを示す値を取得/設定
ModifyAnnotation 注釈編集の許可/禁止
ModifyDocument 文書編集の許可/禁止
OwnerPassword 暗号化ファイルの保存時に使用するオーナーパスワードの取得/設定
PrintDocument 印刷の許可/禁止
PrintFaithful 高画質印刷の許可/禁止
SavePdfA PDFファイルをPDF/Aとして保存するかどうかを示す値を取得/設定
SavePdfv14 PDFファイルをPDF 1.4として保存するかどうかを示す値を取得/設定
SavePdfv15 PDFファイルをPDF 1.5として保存するかどうかを示す値を取得/設定
TextEncoding 使用するテキストエンコーディングを取得/設定
Use128BitEncryption 使用する暗号化方式を制御する値をを取得/設定
UseImageResolution PDFファイルの保存時にページの寸法を計算する際、画像の解像度(DPI)を使用するかどうかを示す値をを取得/設定
UserPassword 暗号化ファイルの保存時に使用するユーザーパスワードを取得/設定
【コラム】LEADTOOLS 16.5Jの製品構成とPDFプラグインについて

 LEADTOOLS 16.5Jには複数のエディションと、エディションの機能を拡張する別売りのプラグイン(全8種類)があります。

 

 今回紹介する「画像をPDF化する機能」は、PDF Write Plug-Inの機能を用いて実現します。このプラグインを「LEADTOOLS 16.5J」のいずれかのエディションと組み合わせると、PDFの生成を行うことができるようになります。

 

 トライアル版には利用できるプラグインがすべて含まれているので、記事の内容を試す際には 別途インストールする必要はありません。

 

LEADTOOLS 16.5Jの各エディションと利用可能なプラグイン製品の一覧
LEADTOOLS 16.5Jの各エディションと利用可能なプラグイン製品の一覧

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ComponentZine(LEADTOOLS)

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5