CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windowsフォームのコントロールを簡単に共通フォーマットで揃える

PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcFlowLayoutContainerコントロールを使ったアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/05/29 14:00

 PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcFlowLayoutContainerは、コントロールのレイアウト作業を支援するコンテナコントロールです。コントロールを上下左右方向に一列に揃えたり、キャプションの追加・3D表示や、コントロール自身の立体表示などの機能が実現できます。今回は、このGcFlowLayoutContainerコントロールを使ってフォームをデザインする方法を紹介します。

目次

はじめに

 多くのコントロールを使ったフォームでは、コントロールのレイアウトや入力コントロール系のラベル表示など、細かい部分の設定に時間をとられてしまいます。

 PlusPak for Windows Forms 6.0JのGcFlowLayoutContainerは、コントロールのレイアウト作業を助けてくれるコンテナコントロールです。GcFlowLayoutContainerコントロール上に配置したコントロールを上下左右方向に一列に揃えたり、キャプションの追加/3D表示、コントロール自身に立体表示や影を付ける、などという機能を追加します。

 また、GcFlowLayoutContainerで設定した3D表示のプロパティを、コントロール上にあるコントロールに一括して適用することもできます。今回は、このGcFlowLayoutContainerコントロールを使ってフォームをデザインする方法を紹介します。

Labelコントロールを使わず専用のプロパティでキャプションを表示できる
コントロールのレイアウトを上下左右に揃える
GcFlowLayoutContainerコントロールのプロパティを変えるだけで、フォーム上のコントロールに同じ外観スタイルを適用できる
GcFlowLayoutContainerコントロールのプロパティを変えるだけで、フォーム上のコントロールに同じ外観スタイルを適用できる

対象読者

 Visual Basic、Visual C# 2010を使ってプログラムを作ったことのある人

必要な環境

 Visual Basic 2010、Visual C# 2010、Visual Studio 2010でプログラムが作れる環境。なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2010を使用して作成し、動作確認を行っています。

※サンプルソース実行時の注意事項

 PlusPak for Windows Forms 6.0Jを使って作成したアプリケーションを配布する場合、PlusPak for Windows Forms 6.0Jのアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、Common Language RuntimeのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。


 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次のファイルをインストールする必要があります。


ファイル名 説明
GrapeCity.Win.PlusPak.v60.dll 本体アセンブリ
GrapeCity.Framework.PlusPak.v21.dll フレームワークアセンブリ

 これらのファイルを、プログラムを実行するフォルダにフォルダ構成を変えずに格納します。.NET FrameWork2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET FrameWork2.0以上のバージョンの.NET FrameWorkがインストールされていることが必須条件です。


 また、本製品のユーザーインタフェースやエラーメッセージを日本語で表示するためには、本体アセンブリファイルと共にサテライトアセンブリファイルを配布する必要があります。本体アセンブリファイルを配布したフォルダに「ja」という名前のフォルダを作成して、サテライトアセンブリファイルをコピーしてください。


ファイル名 説明
GrapeCity.Win.PlusPak.v60.resources.dll 本体アセンブリのサテライトアセンブリ
GrapeCity.Framework.PlusPak.v21.resources.dll フレームワークアセンブリのサテライトアセンブリ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5