CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PyCon JP レポート番外編
――PyCon Taiwan 出張

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/06/26 14:00

目次

一日目: 6/8(金)

 一日目は朝6時に羽田空港国際線ターミナル集合、7時10分発の飛行機で台湾に飛ぶというスケジュールでした。フライト時間はおよそ3時間半です。台湾のタイムゾーンはGMT+8(日本はGMT+9)のため、台湾の現地時間で10時過ぎに到着しました。

 空港で諸々の手続きを済ませ、一日目のホテルである中源大飯店に荷物を預けて、昼食を取った後にMozilla Taiwanに向かいました。

Mozilla Taiwan訪問

 13時半過ぎに、台北101(超高層ビル)の近くにあるMozilla Taiwanを訪問しました。

 Mozilla TaiwanではコミュニティマネージャのBob Chao氏に迎えられました。Bob Chao氏は座長である寺田さんの知り合いということで、今回Mozilla Taiwanを訪問することになりました。

 Mozilla Taiwanでは、Bob Chao氏との歓談の予定だったのですが、ここで1つサプライズがありました。昨年のPyCon JP 2011に参加したSinker氏がオフィスにいたのです。Sinker氏はPyCon JP 2011の数か月後にMozilla Taiwanに転職したということでした。Mozilla Taiwanが設立されたのは2011年10月ですので(Wikipediaより)、設立直後ということでしょう。

 この後Bob Chao氏を交えて自己紹介をし歓談が始まりました。話の中ではPythonよりもJavaScriptの話が多く(Mozillaなので)、同行者の中でJavaScriptに長けた@rokujyouhitoma@monjudohなどが積極的に話をしていました。

 話の中でMozillaが開発しているモバイルデバイス向けOSであるBoot to Gecko (以下 B2G)を見せてもらえました。B2Gはすでに実機の上で動かせる程度には開発されていて、SamsungのスマートフォンGalaxy S IIで動く状態になっていました。B2Gは近い内に誰でも利用できる状態で配布されるということです。興味のある方はサイトをチェックしてみるとよいでしょう。

 以上のような話の後に、皆で集合写真を撮影しMozilla Taiwanを後にしました。

Mozilla Taiwanエントランスにある受付
Mozilla Taiwanエントランスにある受付
JavaScriptについて語り合う@rokujyouhitoma(中央)とBob Chao氏(左)
記念の集合写真 後列左端がSinker氏
B2Gを操作している様子
ブラウザはもちろんFirefox

鼎泰豐での夕食

 一日目の夜はMozilla Taiwanで会ったBob Chao氏とSinker氏に、PyCon JP 2011のもう一人の参加者であるHychen氏を加えて鼎泰豐(Din Tai Fung)食事を楽しみました。

PyCon JPのフォトブックを見るSinker-Li氏
@t2yと語るHychen氏
会食の様子
会食の様子
鼎泰豐は小籠包や焼売などがおいしい
鼎泰豐は小籠包や焼売などがおいしい

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:「PyCon JP 2012」レポート

もっと読む

著者プロフィール

  • 保坂 翔馬(ホサカ ショウマ)

    どこにでもいる普通のプログラマ。 主にPython界隈で活動中で、勉強会に出没したり、PyCon JP運営チームに参加するなど。 最近はPyPyに興味を持って開発・翻訳などをしたりしている。 パーフェクトPythonの著者の一人 PyCon APAC...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5