CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AndroidアプリからTwitter APIを利用するには

Web APIで楽々Androidアプリ(10)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/06/10 14:00
目次

Twitter APIを利用する準備

 Twitter APIを利用するには、アプリケーションの登録を行い、OAuth認証に利用するconsumer key、consumer secretという2つのキーコードを取得する必要があります。Twitterでは、このconsumer keyとconsumer secretによってアプリケーションを区別し、APIの利用頻度などを管理しています。

 アプリケーションの登録は、Twitter Appsサイトで行います。まず自分のTwitterアカウントか、新規取得してサインインします。

Twitter Apps
Twitter Apps

 サインイン後、「Create New App」というボタンをクリックし、アプリケーションの情報を入力します。入力する項目は、次の表のようになります。

入力項目
項目名 内容
Name アプリケーション名
Description アプリケーションの説明
Website 設置するサイトのURL
Callback URL Twitterの認証後にユーザーがリダイレクトされるURL
アプリケーション情報の入力
アプリケーション情報の入力

 Callback URL項目以外は入力必須です。Callback URLは、今回のアプリケーションでは利用しませんので、入力する必要はありません。また、Website項目は、アプリケーションのWebサイトがあれば入力します。なければ、自分のTwitterページのURLで大丈夫です。

 利用規約を確認したら、「Yes, I agree」にチェックを入れ、「Create your Twitter application」ボタンをクリックします。すると、アプリケーションの設定ページに遷移します。

 アプリケーションの設定ページでは、「API Keys」というタブを選択します。ここに表示される、API keyとAPI secretが、OAuth認証に利用するconsumer key、consumer secretキーとなります。

API Keys
API Keys

Access tokenの取得

 OAuth認証では、さらにAccess tokenと呼ばれるキーコードも必要です。このキーは、アプリケーションから、利用ユーザーのTwitterアカウントを認可するためのキーです。今回作成するアプリケーションでは、任意のユーザーのTwitterアカウントと連携する必要はありませんので、アプリケーション登録時にサインインしたアカウントで、Access tokenを取得しておきます。

 API Keysのページの「Create my access token」というボタンをクリックすれば、Access tokenとAccess token secretという2つのキーコードが作成され、表示されます。

Access tokenの取得
Access tokenの取得

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Web APIで楽々Androidアプリ

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5