Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

米MS、Officeプラットフォームの開発者向け新機能を開発者イベントで公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/30 16:35

 米Microsoftは、サンフランシスコで開催中の開発者イベント「Build 2015」における、4月29日(現地時間)に実施されたカンファレンスで、開発者がOfficeプラットフォームにさまざまな機能を追加するための新機能を公開した。

 今回のイベントでは、「Office Graph API」の予告版が公開されている。「Office Graph API」は、単一のAPIのエンドポイントで、リッチデータと機械学習に対応したアプリを実現する。

 iPad版のExcelではアドインをサポートしており、数多くのOfficeユーザーの利用が期待できる。なお、iPad版のWordとPowerPointについても、近日中にアドインに対応する。さらに、Outlook.comもアドインに対応している。

 Outlook、Outlook.com、OneNote、OneDrive、Ondrive for Businessでは、各種APIの標準セットによる、データアクセスの簡略化を予定する。

 Office 365関連では、単一のAPIのエンドポイント「Office 365 unified API」によって、データへのアクセスが可能で、「Office 365 Groups API」を使えばOffice 365グループとのネイティブでのコラボレーションに対応したアプリケーションを作成できる。また、最新の情報やリソースの提供を行う新たなコミュニティとして「Office 365 Developer Program」を用意する。

 このほか、Skype for BusinessおよびSkype向けには、Webページから簡単に電話をかけられる「Skypeボタン」をはじめ、モバイルアプリ、音声/ビデオ通話やファイル共有も可能なブラウザベースのテキストチャットを提供している。


【関連リンク】
日本マイクロソフト
「Build 2015」(英語)
「Office Graph」(英語)
「Office 365 unified API」(英語)
「Office 365 Developer Program」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5