Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

継続的インテグレーションツール「Jenkins 2.0」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/27 14:45

 オープンソースの継続的インテグレーション(CI)ツールJenkinsの開発チームは、最新バージョンとなる「Jenkins 2.0」を、4月26日(現地時間)に公開した。

 「Jenkins 2.0」では、ユーザーによる使われ方の変化に対応し、バージョンコントロールやバージョンコントロールのソースツリーへの併記などを可能にする、パイプラインの強化を行っている。パイプラインへの記述には、ドメイン固有言語のGroovyを使用するため、複雑な処理をわかりやすく記述できる。

 また、従来はユーザーが必要に応じてプラグインを選択しなければならなかったが、「Jenkins 2.0」からは方針を転換し、80%のユーザーが利用している機能を標準搭載した。なお、標準機能の拡大によって懸念される、セキュリティ的に不十分なJenkinsへの攻撃や不正利用の防止策についても配慮されている。

 さらに、Web UIには多彩なパーツが追加され、セットアップウィザードなどの作成も可能になった。


【関連リンク】
Jenkins(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5