Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

OSSベースで構成されたDevOps開発ツール「CDSuite」をリリース、Dockerイメージでの提供で環境構築も迅速に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/21 14:50

 日本ユニシスは6月21日、CI(継続的インテグレーション)やCD(継続的デリバリー)に対応したDevOps開発ツールスイート「CDSuite」をリリースした。JenkinsやGitLab、RedmineなどのOSSを使って構成されているほか、提供形式をDockerイメージにしており、開発者は短時間で利用を開始できる。

 日本ユニシスによれば、企業のIT投資がECサイトやWeb上でサービスを提供する顧客接点系システム(SoE:System of Engagement)へとシフトし、この1~2年の間に、各企業の業務部門(ユーザー部門)でスモールスタートでの迅速なシステム開発を望む声が高まっているという。こうしたニーズに答えるため、同社が蓄積してきた開発・運用ノウハウに基づいて開発から稼働までを自動化し、ビジネスの早期立ち上げや、ビジネス環境変化への迅速な対応を可能にするのがCDSuiteであるとアピールする。

 開発できるのは、Java、.NET framework、スマートデバイスアプリなど。Jenkins、GitLab、RedmineなどのOSSツールを活用するとともに、Dockerを利用した仮想コンテナ形式で提供する。テスト自動化ツール(オプション)と連携させることで、機能テストを含めた自動化も実現する。スマートデバイスアプリについては、MonacaやXamarinなどのハイブリッドアプリ開発環境との連携も可能。これらの構成により開発からテスト、本番環境へのリリース作業を自動化させ、DevOpsを実現する。

CDSuiteの概要図(提供:日本ユニシス)
CDSuiteの概要図(提供:日本ユニシス)

 CDSuiteのライセンス価格は、25名の利用で50万円(税別)から。

 なお、同社ではPaaS上でCDSuiteを立ち上げ、新規事業企画向けの活用を検証中。この実績を踏まえ、同社の受託開発案件で顧客のプライベートPaaS(オンプレミス/クラウド)上にCDSuiteによる開発環境を構築し、本番環境までシームレスに連携させて顧客のビジネスを支えるサービス基盤を提供していくと述べている。

【関連リンク】
日本ユニシス「アプリケーション開発環境CDSuite」
日本ユニシス

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5