Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWSとAzureに対応した「Docker」のプライベートベータ版を公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/22 14:50

 米Dockerは、オープンソースのコンテナ管理ソフト「Docker」のAWSおよびAzure対応版を、6月20日にプライベートベータ公開した。

 AWS/Azure対応「Docker」は、IaaSアカウントと関連付けられたSSHキーによるアクセスコントロールが可能で、プロビジョニングインフラのためのロードバランサによるダイナミックなアプリ作成とアップデートや、セキュリティグループや仮想ネットワークによるセキュアな利用環境に対応している。

 「Docker 1.12」エンジンのswarmモードでの利用によって高い信頼性を実現するとともに、稼働状況のチェックやアップデート、コンテナに頼らない内蔵のロードバランシング、TLSによるセキュアなノード通信に対応したマルチコンテナアプリを運用できる。

 今後は、RC版およびGA版に向けて機能の固定を進めていく方針で、管理ノードおよびワーカーノードの動作を「Docker 1.12」の新機能に合わせて徐々に変更していく。

 AWS/Azure版「Docker」はテストのためのプライベートベータであり、利用に当たっては別途サインアップが必要となる。


【関連リンク】
Docker(英語)
AWS/Azure版「Docker」(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5