Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

記事一覧

4726~4740件(全4903件)
  • 392_t.jpg
    2006/05/26

    ATL/WTLプログラミング 6:ズームスクロールウィンドウ

    Windowsアプリケーションを作成するためのC++クラスライブラリといえば、Microsoftが提供するMFCが有名ですが、同社が提供するライブラリATLを利用して作成することもできます。本稿では、マルチペインステータスバーやペインコンテナ、ズームスクロールウィンドウの使い方について解説します。

  • 2006/05/25

    Eclipseでマウスを使わずに効率よくプログラムを作成する

    本稿では、Eclipse Platform/JDTの機能を活用した、効率的なプログラム作成の方法を、簡単なプログラムの作成手順を例に紹介します。マウスを使わずに、ショートカットなどを駆使することで、思考を中断せずにテンポよくプログラムを書いていくことができます。

  • 389_t.jpg
    2006/05/24

    GTK+プログラミング:プレゼンテーション支援ツールの開発

    本稿では、2台のPC、またはデュアルディスプレイを備えたPCを使ってアンチョコ付きプレゼンテーションを手軽に実現するツール「Prompter」を例題に、GTK+プログラミングのエッセンスを紹介します。プログラムはLinuxで作成していますが、OSに依存する部分が少ないため他のUnix系OSでも動作させるようにすることは難しくはありません。またプレゼンテーション画面を表示する側のPCは、X Window Systemのサーバが動作していればOSを問わないので、MacやWindowsでも利用できるで...

  • 2006/05/23

    シェルスクリプトの基本テクニックを盗め!

    本稿では、実際に活用されているシェルスクリプトを取り上げ、シェルスクリプトを作成する際のいくつかのテクニックを紹介します。どれも基本的で応用範囲の広いテクニックなので、多くの読者に参考にしていただければと思います。

  • 388_t.jpg
    2006/05/23

    システム開発にITILを生かす

    ITシステムの運用管理において、最近注目されているキーワードに「ITIL」があります。ITIL(アイティル)とは「IT Infrastructure Library」の略で、イギリスの政府が策定したコンピュータシステムの運用・管理業務についてのフレームワークです。今回は、このITILについて詳しく紹介したいと思います。

  • 380_t.jpg
    2006/05/19

    EclipseユーザのためのNetBeans環境とプラグイン開発入門

    EclipseユーザのためのNetBeans入門記事です。NetBeans 5.0は、非常にシンプルでありながら高機能の開発環境であり、特にJavaをこれから始める人にお勧めです。上級者にとっても、重宝する機能が付いています。本稿では、まず最初に、NetBeansの機能面をユーザーの立場でEclipseと比較し、順々にNetBeansのプラグインの作り方にせまっていきたいと思います。

  • 2006/05/17

    JavaCCでスクリプト言語を作成する 第2回

    JavaCC+JJTreeを使ってスクリプト言語を作成する連載の第2回です。前回、オプション指定と生成クラスの定義について説明しましたが、肝心の文法定義は説明していませんでした。そこで今回は、基本的な文法定義の構文を説明します。

  • 2006/05/15

    マウスジェスチャを実装する(.NET版)

    Webブラウザなどに実装されているマウスジェスチャ。GUI環境で強力な効果を発揮するマウスジェスチャを.Netで実装する方法を解説します。

  • 2006/05/15

    マウスジェスチャを実装する(Win32版)

    GUI環境で簡単にコマンドを送ることができるマウスジェスチャ。最近ではWebブラウザなどにも実装されています。今回はそんなマウスジェスチャをC言語(またはC++言語)を利用して実装する方法を紹介します。

  • 378_t.jpg
    2006/05/12

    Apache Beehiveの開発を体験する(コントロール作成編)

    企業の業務システムや電子商取引などのアプリケーションで、J2EEは急速に普及してきました。また近年、SOA(サービス指向アーキテクチャ)と呼ばれる大規模なシステムを複数のサービスとして分割して開発する手法が脚光を浴びています。今回は、これらJ2EEやSOAのアプリケーションを簡易に開発することを目的としたApache Beehiveを取り上げ、その概要とコントロールについて詳細に解説をします。

  • 375_t.jpg
    2006/05/11

    「成分解析」を行うプログラムを例にして覚える乱数の使い方

    C#で成分解析をするWindowsアプリケーションを作成します。ランダムな順列の生成方法や、標準正規分布に基づく乱数の簡単な作成方法などについて解説します。

  • 379_t.jpg
    2006/05/11

    GridViewとDetailsViewでデータ管理ページを作成する

    ASP.NET 2.0でデータ管理を行う便利なコントロールに、GridViewとDetailsViewがありますが、通常の設定のままだと使いにくいと感じられる点があるかと思います。本稿では、これらを拡張して必要な機能を実現する方法を紹介します。

  • 376_t.jpg
    2006/05/10

    高速に符号/復号を行える最小冗長符号「Canonical Huffman Code」

    本記事ではデータ圧縮の基盤である最小冗長符号を実現するCanonical Huffman Code(以下、CHC)を紹介します。最小冗長符号は、各文字の出現確率が分かっている場合にそのデータを最小長で表現可能な符号です。CHCは良く知られたHuffman符号の一種ですが、木を用いずに表引きのみで処理を行うので高速に符号/復号が可能です。また、符号の長さ制限をつけた場合の最適な符号を求めるreverse package merge法も紹介します。

  • 373_t.jpg
    2006/05/08

    テンプレートエンジンNVelocityを活用してテキストを生成する

    本稿では、雛形(テンプレート)として用意しておいたテキストファイルをアプリケーションの実行時に読み込み、動的に値を埋め込める「NVelocity」というプロダクトを紹介します。NVelocityを利用すると、柔軟なテキストの生成や、保守性の高いアプリケーションの構築が可能になります。

  • 2006/05/02

    SQLiteで組み込みDB体験

    複雑なデータ処理にはデータベースが便利ですが、導入するのに手間がかかります。そこで、本稿で紹介するC言語のライブラリ「SQLite」を使うと、C/C++で書かれたプログラムにライブラリをリンクするだけで、データベースの機能が使えるようになります。

4726~4740件(全4903件)
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5