CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • James Ward(James Ward)

    AdobeのFlexテクニカルエバンジェリストで、JSR 286、299、301におけるAdobeのJCP代表者。登山とプログラミングを愛し、無限の新発見、巧みな危機回避、山頂と谷が存在することが両者の共通点と語る。登山で各地の山に挑んだのと同様に、テクノロジーの分野でもさまざまな領域に挑戦。90年代初めにはPascalやアセンブリ言語、90年代半ばにはPerl、HTML、JavaScript、90年代後半からはJavaとそのさまざまなフレームワークを探求。現在では主に、Flexを使用してJavaベースのバックエンドに対する見事なフロントエンドを構築している。Adobe入社以前は、Pillar Data Systemsにてマーケティングおよびカスタマサービス用の高機能なポータルの開発に従事。Wardのブログ:http://www.jamesward.com/blog/

執筆記事

1件中1~1件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5