Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

成果をより高度化するエンジニアリングマネジメントの考え方/デブサミ2019

-[Vol.645]-------------------------------------------------------
このメールはCodeZineで登録された方にお送りしています。
配信の停止は文末をご覧ください。
-----------------------------------------------------------------

[0]目次
----------
[1]新着記事一覧
[2]今週のニュース一覧
[3]人気記事ランキング
[4]コミュニティ・イベント
[5]リクエスト&投稿
[6]配信停止の方法

CodeZineのTwitterアカウント、Facebookページも公開しています。
* Twitter   => https://twitter.com/codezine
* Facebook1 => 
* Facebook2 => 

【翔泳社デジタルファースト】
電子書籍やオンデマンド出版を活用した新ブランドです:
https://www.shoeisha.co.jp/book/digitalfirst?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新着記事一覧:5本(2/27~3/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、CodeZine編集部です。今週のオススメ記事はこちらです。

★エンジニアリングの成果をより高度化するための仕事が、楽しくないわけがない
 ――ヤフーのエンジニアリングマネジメントの考え方【デブサミ2019】
 「生涯エンジニアとして技術を極めたい」と願うエンジニアは少なくない。そこ
で問題となるのが、ピープルマネジメントができる人材の不足である。そもそもエ
ンジニアリングマネジメントの仕事は、本当にエンジニアのそれよりも魅力に欠け
るものなのだろうか。エンジニアからマネージャーの道を選んだ背景と、エンジニ
アリングマネージャーとして大切にしてきたことについて、ヤフー株式会社 テク
ノロジーグループ Developer Relations アドボケートの山本 学氏がセッションを
行った。

https://codezine.jp/article/detail/11411?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

◆ZOZOTOWNは、いかにしてRedshiftからBigQueryへの移行を成功させたか?
 【デブサミ2019】
 株式会社ZOZOテクノロジーズが開発・運用する、日本最大級のファッション通販
サイトZOZOTOWN。同社は昨年、このサービスで使われるデータウェアハウスを
Amazon Redshift(以下、Redshift)からGoogle BigQuery(以下、BigQuery)に移
行した。本セッションでは開発部 SREチームの塩崎健弘氏が、BigQueryを採用した
理由や移行にあたり工夫した点について語った。

https://codezine.jp/article/detail/11388?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

◆モニタリングのセオリーを徹底解説、
 Datadogはこうしてモダンなモニタリングを実現する【デブサミ2019】
 システムがモダンになれば、モニタリングもモダンなシステムを想定したものに
合わせる必要がある。モダンなモニタリングをSaaSで提供するDatadogがどのよう
に監視を実現しているか、Datadog 池山邦彦氏が解説する。

https://codezine.jp/article/detail/11392?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

◆「辞書を曳く?」~ソフトウェア開発者に贈るテクニカルライティングの極意
 テクニカルライティングに役立つ(かもしれない)話をあれこれと書く連載。第
3話は、電子辞書やWeb上の辞書の使い方についてちょっとしたヒントです。

https://codezine.jp/article/detail/11386?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

◆かつてなく盛り上がったITエンジニア本大賞、技術書とビジネス書の大賞は?
 【デブサミ2019】
 2019年2月14日、ITエンジニアの祭典「Developers Summit 2019」にて、翔泳社
が主催する「ITエンジニアに読んでほしい! 技術書・ビジネス書大賞 2019」の決
選投票イベントが開催。会場では著者や編集者によるプレゼンを経て、技術書部門
には『エンジニアリング組織論への招待』、ビジネス書部門は『イシューからはじ
めよ』が大賞に。その様子をお届けする。

https://codezine.jp/article/detail/11387?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

◆【こちらも注目!】IT人材ラボの新着記事

・「エンジニアが楽しく働ける会社を作る」ために選んできたこと、譲れないもの
 ――Pathee 寺田真介氏、原嶋宏明氏


・アジャイル開発のための組織づくりはまずカルチャーから、
 スキルは後からついてくる


◆【こちらも注目!】EnterpriseZineの新着記事

・アメリカ全判例のデータベースが新たに登場
https://enterprisezine.jp/article/detail/11771?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

・不正なコードの隠ぺい手法が多様化、ユーザーの判断も重要に
https://enterprisezine.jp/article/detail/11770?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

・ランサムウェアよりもフォームジャッキングで儲ける―サイバー犯罪の最新動向
https://enterprisezine.jp/article/detail/11769?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

◆【こちらも注目!】EdTechZineの新着記事

・新しい価値を生み出す若い世代をいかに育てるか
 ――身に着けて欲しい「個人と社会とをつなぐ意識」と「やり抜く力」


・オランダ教育が見据える未来の教員像 オランダのコーチング型教育
 (教員養成大学編)(3)


・N高の実践的なカリキュラムをもとにした小中学生向けの
 プログラミングスクール「Nepps」が2019年4月に開校


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 新着ニュース:2本(2/27~3/6)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・エンジニアのための合同説明会「就活GeekHub」、
 4月27日に大阪天満研修センターで開催(03-05)
https://codezine.jp/article/detail/11437?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

・グレープシティ、コードからドキュメントを生成・更新する
 開発支援APIライブラリ「DioDocs」最新版を発売(02-28)
https://codezine.jp/article/detail/11421?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 人気ランキング(2/27~3/5)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<記事>

●1位 ZOZOTOWNは、いかにしてRedshiftからBigQueryへの移行を成功させたか?
   【デブサミ2019】
https://codezine.jp/article/detail/11388?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

●2位 かつてなく盛り上がったITエンジニア本大賞、
   技術書とビジネス書の大賞は?【デブサミ2019】
https://codezine.jp/article/detail/11387?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

●3位 「辞書を曳く?」~ソフトウェア開発者に贈る
   テクニカルライティングの極意
https://codezine.jp/article/detail/11386?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

●4位 モニタリングのセオリーを徹底解説、
   Datadogはこうしてモダンなモニタリングを実現する【デブサミ2019】
https://codezine.jp/article/detail/11392?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

●5位 Spring Bootで始める簡単Webプロジェクト
   ~ひな型の作成からWeb APIの実装まで
https://codezine.jp/article/detail/11380?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306


<ニュース>

●1位 エンジニアのための合同説明会「就活GeekHub」、
   4月27日に大阪天満研修センターで開催
https://codezine.jp/article/detail/11437?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

●2位 グレープシティ、コードからドキュメントを生成・更新する
   開発支援APIライブラリ「DioDocs」最新版を発売
https://codezine.jp/article/detail/11421?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

●3位 デブサミ2019、講演関連資料まとめ
https://codezine.jp/article/detail/11383?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

●4位 IPA、ツールを用いた効率的なソフトウェアの脆弱性対策を解説した資料
   「脆弱性対策の効果的な進め方(ツール活用編)」を公開
https://codezine.jp/article/detail/11404?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

●5位 Microsoft、ウェアラブルデバイス「HoloLens 2」を発表、
   没入感・快適性・価値創造時間にフォーカス
https://codezine.jp/article/detail/11405?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] コミュニティ・イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・CodeZineでは、コミュニティコーナーに登録されたイベントを
 メルマガでお知らせしています。ぜひ、ご活用ください!
https://codezine.jp/community/?utm_source=cz-news&utm_medium=email&utm_campaign=cz-news20190306

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[5] リクエスト&投稿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「こんな記事が読んでみたい!」というリクエストがありましたら、
編集部までお気軽にご応募ください。
また、投稿も随時受け付けています。
その他のご要望にも柔軟に対応してまいりますので、どしどしお寄せください。

・サポート用アドレスはこちら


・投稿用アドレスはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[6] 配信停止の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジンの配信停止はこちらからお手続きください。
https://shoeisha.jp/ml/cancel/cz?token=eQYVE42L5145ccea546284e4e911163a226613dd&utm_source=cz_teikimail_20190306&utm_medium=email&utm_campaign=teikimail

配信先の変更は、ログイン後、
「メールアドレス・パスワードの変更」からお手続きください。
https://shoeisha.jp/users/account

・ニュースの内容は予告なしに変更される場合があります。
・記事中の会社名、製品名は、弊社および各社の登録商標、商標です。
・お問い合わせについては、
 https://shoeisha.jp/help/contact/cz/
 へご連絡ください。
────────────────────
発行:株式会社翔泳社 CodeZine編集部
(c)2005 SHOEISHA. All rights reserved.

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5