Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

付録

2015/05/20 08:00

コマンド追記

 コマンドリファレンスの中で、紙面の都合で掲載しきれなかった内容を付録に載せています。

topコマンド実行時の対話コマンド(topコマンド)

 topコマンドの実行時には、いくつかの対話コマンドを使用できます。以下にそれをまとめますが、topコマンドの実行時に、オプション「s」を指定した場合には、一部のコマンドは使用できません。

topコマンド実行時の対話コマンド
コマンド(キー)内容
[Space]表示を更新する
[Ctrl]+[L]画面の再描画を行う
[h]または[?]ヘルプ画面を表示する
コマンドの概要と、状態(セキュアモードか累積モードか)が表示される
[k]killコマンドを実行する場合と同様に、プロセスにシグナルを送信する
プロンプトが表示されると、シグナルを送信するプロセスのプロセスIDと、送信するシグナルを入力する
[i]アイドルプロセスとゾンビプロセスの有効/無効を切り替える
[I]Solarisビュー(CPUの使用率をCPUの個数で割って表示)と、Irixビュー(時間に対するCPUの使用率を表示)とを切り替える
[n]または[#]表示するプロセスの数を変更する
プロンプトが表示されると、表示するプロセスの数を入力する
デフォルトは「0」で、「0」を指定した場合には、画面に表示できる最大数のプロセスを表示する
[q]topコマンドを終了する
[r]niceコマンドを実行する場合と同様に、プロセスのNice値(優先度)を設定する
プロンプトが表示されると、Nice値を変更するプロセスのプロセスIDと、設定するNice値を入力する
セキュアモードでは使用できない
[S]累積モードの有効/無効をトグルする
累積モードが有効な場合には、死んだ子プロセスの分も含めて、利用したCPU時間とともに表示する
[s]topコマンドの実行時に、オプション「d delay」を指定した場合と同様に、画面のを更新する間隔を変更する
プロンプトが表示されると、更新の間隔を秒(小数値はマイクロ秒の桁まで認識される)で入力する
セキュアモードでは使用できない
[f]または[F]表示するフィールドを追加/削除する
この対話コマンドを押すと画面が切り替わり、フィールド項目の一覧が表示されるので、各フィールド項目に対応するキーで表示/非表示をトグルする(表示対象になっているものは左端に「*」が付く)
[o]または[O]表示するフィールドの順序を変更する
この対話コマンドを押すと画面が切り替わり、フィールド項目の一覧が表示されるので、各フィールド項目に対応する文字の大文字を押せばそのフィールドが左に移動し、小文字を押せば右に移動する
[l]uptimeフィールドの表示/非表示をトグルする
[m]emフィールドの表示/非表示をトグルする
[t]processesとCPU statesのフィールドの表示/非表示をトグルする
[c]COMMANDフィールドの表示をコマンド名かコマンドライン全体かをトグルする
[N]プロセスを、プロセスIDの順に並べる
[A]プロセスを、新しい順に並べる
[P]プロセスを、CPUの使用率の順に並べる(デフォルト)
[M]プロセスを、常駐メモリの使用量の順に並べる
[T]プロセスを、非累積モードの場合はTIME/累積モードの場合はCTIMEの順に並べる
[W]現在の設定を./.toprc に書き出す
HINT!

topコマンド・killコマンド・niceコマンド

rpmコマンドのオプション(rpmコマンド)

rpmコマンドには、「-i」「-U」「-F」「-e」「-q」という基本のオプション(モードという)以外に、非常に多くのオプションがあり、本編書式の「options」に指定します。それらについて下表にまとめます。

rpmコマンドのオプション
オプション内容
一般オプション(すべてのモードで使用可能)
--quiet経過を示すメッセージ等を表示せず、エラーメッセージのみを表示する
--rcfile filelist必要な設定ファイルを検索するためのパスをfilelistに、「:」(コロン)で区切って指定する
--root dirdirに指定したパスを、すべての操作において最上位ディレクトリとして動作する
--dbpath pathpathにRPMデータベースのパスを指定して使用する
--justdbデータベースのみを更新する
--ftpproxy host
--httpproxy host
hostに指定したFTPサーバまたはHTTPプロクシを使用する
--ftpport port
--httpport port
portに指定したFTPポートまたはHTTPポートを使用する
--pipe cmd [args]rpmコマンドの出力結果を、cmd [args]で指定したコマンドの入力とする(パイプする)
インストール及びアップグレードオプション
rpm -i [install-options] PKGNAME【インストール】
rpm -U [install-options] PKGNAME【アップグレード】
rpm -F [install-options] PKGNAME【アップグレード】
PKGNAMEには、FTPまたはHTTPプロトコルを持つURLを指定することも可能で、その場合、指定したURLからパッケージファイルをダウンロードしてから、インストールまたはアップグレードすることができる
--force強制的にファイルの上書きをする
-h
--hash
インストールの進行状況を#(ハッシュマーク)を使って表示する
表示の体裁を整えるために、オプション「-v」をともに指定することが望ましい
--oldpackageダウングレード(古いものへの置き換え)を許可する
--percentインストールの進捗状況をパーセントで表示する
--replacefilesインストール済みのパッケージファイルを置き換える場合に、強制的にインストールする(上書きする)
--replacepkgsインストール済みのパッケージを強制的にインストールする
--allfilesパッケージに含まれるすべてのファイルを、強制的にインストールする
--nodepsパッケージのインストール又はアップグレードの前に、依存性のチェックを行わない
--noscriptsインストール前に実行する処理(プレインストールスクリプト)、インストール後に実行する処理(ポストインストールスクリプト)を実行しない
--notriggersパッケージのインストールによって起動されるスクリプトを実行しない
--ignoresizeパッケージのインストールの前に、ファイルシステムの空き領域のチェックを行わない
--excludepath pathpathで指定した文字列から始まるパスのファイルをインストールしない
--excludedocsmanページやinfo文書をインストールしない
--includedocsmanページやinfo文書をインストールする
--testパッケージのインストールの可否を検査する
--ignorearchサポート装置かどうかのチェックを行わず、無条件にインストールする
--ignoreosサポートOSかどうかのチェックを行わず、無条件にインストールする
--prefix pathpathに指定したパスを、再配置可能パッケージのインストールパスとする(再配置可能パッケージ:どこにインストールしても動作するパッケージ)
--relocate oldpath=newpath再配置可能パッケージを、oldpathからnewpathに再配置する(再配置可能パッケージ:どこにインストールしても動作するパッケージ)
--badrelocオプション「--relocate」とともに指定して、再配置可能でないパッケージを強制的に再配置する
--noorder依存性を満たすようにするための順序の入れ替えを行わない
アンインストールオプション
rpm -e PKGNAME
--allmatchesPKGNAMEに指定したパッケージの、すべてのバージョンをアンイ ンストールする
--noscriptsアンインストール前に実行する処理(プレアンインストールスクリプト)、アンインストール後に実行する処理(ポストアンインストールスクリプト)を実行しない
--notriggersパッケージのアンインストールによって起動されるスクリプトを実行しない
--nodepsパッケージのアンインストールの前に依存性のチェックを行わない
--testパッケージのアンインストールの可否を検査する
問い合わせオプション
rpm -q [query-options]
問い合わせオプションは、パッケージ選択オプションと情報選択オプションに分類できる
パッケージ選択オプション
package_nameインストール済みのパッケージをpackage_nameに指定して問い合わせを行う
-a
--all
インストール済みのすべてのパッケージに問い合わせを行う
--whatrequires capabilitycapabilityに指定したを必要とするすべてのパッケージに問い合わせを行う
--whatprovides virtualvirtualに指定したの機能を提供するすべてのパッケージに問い合わせを行う
-f file
--file file
fileに指定したファイルが構成物に含まれるパッケージに問い合わせを行う
-g group
--group group
groupに指定したグループのすべてのパッケージに問い合わせを行う
-p package_fileインストールされていないパッケージファイルをpackage_fileに指定して問い合わせを行う
--specfile specfilespecfileに指定したを構文解析して問い合わせを行う
--triggeredby pkgpkgに指定したに一致するパッケージに問い合わせを行う
情報選択オプション
-i名前、バージョン及び説明を含むパッケージ情報を表示する
-R
--requires
対象パッケージが依存するパッケージを表示する
--providesパッケージの提供ファイルおよび変更履歴を表示する
-l
--list
パッケージに含まれるファイルを表示する
-s
--state
パッケージに含まれるファイルの状態を表示する
-d
--docfiles
パッケージに含まれる文書ファイルのみを表示する
-c
--configfiles
パッケージに含まれる設定ファイルのみを表示する
--scriptsパッケージに含まれるシェルスクリプトのみを表示する
--triggers
--triggerscripts
パッケージにトリガースクリプトが含まれる場合、それを表示する
--dump情報をダンプする
このオプションは、オプション「-l」「-c」「-d」のいずれかとともに使用する
--lastパッケージをインストールした日時が新しい物から順番に並べる
--filesbypkg各パッケージに含まれるすべてのファイルを一覧表示する
--triggerscripts選択されたパッケージに含まれるすべてのトリガースクリプトを表示する
HINT!

rpmコマンド

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5