Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

なぜアジャイルが定着しない? 日本のITプロフェッショナルの問題点――マイクロソフト 伊藤かつら執行役員

インフラジスティックス新製品発表「Infragistics Ultimate 2017 Vol.1」(日本語版)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/06 14:00

 6月27日、インフラジスティックスが「Infragistics Ultimate 2017 Vol.1」(日本語版)を発表し、新機能の概要説明とマイクロソフトをはじめとするパートナー企業による講演と事例紹介が行われた。この中で、マイクロソフト 伊藤かつら氏の講演は、デジタル変革がもたらす開発プロセスの変化の重要性、そして日本におけるデジタル変革の課題を指摘するものだった。

目次

オープニングスピーチをするインフラジスティックス・ジャパン シニアUXアーキテクト/代表取締役 東賢氏

オープニングスピーチをするインフラジスティックス・ジャパン シニアUXアーキテクト/代表取締役 東賢氏

Web、モバイル、プロトタイプ開発の支援機能が強化されたInfragistics Ultimate

 まず、Infragistics Ultimateの概要と2017年モデルに追加された機能を整理する。

Infragistics Ultimate 2017 Vol1を発表(講演スライドより抜粋)
Infragistics Ultimate 2017 Vol1を発表(講演スライドより抜粋)

 Infragistics Ultimateは、Webアプリ、モバイルアプリ開発のためのツールスイーツ。近年アプリ開発の主流になってきているアジャイル、DevOpsといった開発ライフサイクルとの親和性を意識したフレームワークの一つである。今回2017年モデル(日本語版)の発表では、次の3つが主な拡張ポイントとなる。

  • Xamarinへの対応の強化
  • Ignite UIの強化
  • Indigo Studioの強化

 Xamarinへの対応の強化では、iOS、Android向けのネイティブコントロール群に新機能が追加された。そして、Visual Studioに統合される「Xamarin Productivity Pack」では、アプリ画面のビジュアルプログラミングを可能にし、WYSIWYGコンフィギュレーターとともに、ドラッグアンドドロップによるアプリ設計、コード生成がより効率化される。特にグリッドやチャートのコントロールが追加・強化され、さまざまなチャートやゲージが簡単にアプリに実装できると言う。なお、デスクトップアプリの場合は、Ultimate UI for WPF/Windows Formsが利用できる。

Ultimate UI for Xamarinの新機能(講演スライドより抜粋)
Ultimate UI for Xamarinの新機能(講演スライドより抜粋)
Ultimate UI for WPF/Windows Formsの新機能(講演スライドより抜粋)
Ultimate UI for WPF/Windows Formsの新機能(講演スライドより抜粋)

 Ignite UIは、動的かつ非同期なWebページ、HTML5によるモダンWebの開発を支援する。年内にはJavaScriptフレームワークであるAngular対応のProductivity Packが提供される予定があると言う。さらに、ユーザーデータの加工に使えるExcelライクなスプレッドシートコンポーネントも追加される。これは、行やレコードごとではなくセルごとの操作が可能で、ピボット処理も可能になる。また、複数ビューのレスポンシブスケジュールを実現するコンポーネントも新規追加となる。

Ignite UIの新機能(講演スライドより抜粋)
Ignite UIの新機能(講演スライドより抜粋)

 Indigo Studioは、プロトタイピングとユーザビリティ評価のためのテスト環境をコードフリーで構築してくれるツール。コード開発前のアプリのデザインやUIの決定を支援する。サーバー上のプロトタイプに対してリモートでユーザビリティテストを実施したり、テスト状況の記録や再生を行ったりできるようになった。

Indigo Studioの新機能(講演スライドより抜粋)
Indigo Studioの新機能(講演スライドより抜粋)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 中尾 真二(ナカオ シンジ)

    フリーランスのライター、エディター。 アスキーの書籍編集から始まり、翻訳や執筆、取材などを紙、ウェブを問わずこなす。IT系が多いが、たまに自動車関連の媒体で執筆することもある。インターネット(とは当時は言わなかったが)はUUCPの頃から使っている。

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5