Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

SQL Anywhereのインストールと概要

SQL Anywhereの魅力を探る 2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/05/07 14:20

SQL Anywhereは、組込み・中小規模ビジネス・モバイル分野などで特に普及している、省リソースで高速な処理を実現するリレーショナルデータベースです。この連載では、その魅力を紹介していきます。第2回は、SQL Anywhere Studioのインストール方法および、GUIツールやアーキテクチャの概要について説明します。

目次

2.1 インストール

 今回はまず、SQL Anywhere Studioのインストール方法を説明する。インストール自体は簡単なので、ここでは、わかりにくい部分のみ取り上げる。

 なお、社内評価や開発が目的の場合は、アイエニウェア社のWebページから無償のDeveloper Editionをダウンロードして利用できる。Developer Editionの利用には、あらかじめユーザ登録(無償)が必要だ。詳細は同Webページを参照していただきたい。

2.1.1 Windows版のインストール

 「setup.exe」を実行すると、ウィザードに沿ってSQL Anywhere Studioをインストールできる。

 Webからインストーラをダウンロードした場合は、インストーラのファイル名が異なることがあります。

コンポーネントの選択

図2.1 : コンポーネントの選択
図2.1 : コンポーネントの選択

 この画面で表示されている、選択可能なコンポーネントの意味は次のとおりである。

表2.1 : 選択可能なコンポーネント
コンポーネント 説明
Adaptive Server Anywhere Windows用のデータベース(以下、ASA)
Adaptive Server Anywhere for Windows CE Windows CE用のデータベース
Ultra Light Ultra Lightデータベース。静的インターフェイス版やコンポーネント版がある
Mobile Link Mobile Link同期コンポーネント
QAnywhere Mobile Linkをインフラとしたメッセージ通信
SQL Remote for Adaptive Server Anywhere SQL Remote同期コンポーネント(ASA同士)
SQL Remote for Adaptive Server Enterprise SQL Remote同期コンポーネント(ASAとASE)
Sybase Central 管理ツール
Install Shield配備コンポーネント Install Shieldでインストーラを作成する際のテンプレート集
PowerDesigner 9 データベース設計ツール(ASAの動作に必要ない)
InfoMaker 9 レポートやフォームを作成する開発ツール(ASAの動作に必要ない)
アクセシビリティの有効化 米国連邦身体障害者法の第508項に準拠することを目的として、ユーザ補助ツールの使用を可能にするコンポーネント

 なお、本稿ではデフォルトの状態から[PowerDesigner 9]と[InfoMaker 9]のチェックを外した設定とする。

ライセンス情報の入力
 有償製品版のインストールではライセンス情報を入力する必要がある。ライセンス数を入力し、ライセンスのタイプを選択する。なお、付属CD-ROM(Disc 1)のDeveloper Editionをインストールする場合は、この画面は表示されない。
図2.2 : ライセンス情報の入力
図2.2 : ライセンス情報の入力

2.1.2 インストールされる環境変数

 インストールされる環境変数として、以下のものがある。

  • ASANY9
  • SQL Anywhere Studioがインストールされたディレクトリを示す。サンプルプログラムなどで利用される。本稿でも、インストールされたディレクトリを
    %ASANY9%で示す。デフォルトでは、「C:¥Program Files¥Sybase¥SQL Anywhere 9」になる。
     
  • ASANYSH9
  •  
    共有ファイルがインストールされたディレクトリを示す。Interactive SQLやSybase Centralやコンソールコマンドが共有コンポーネントを検索するのに利用される。デフォルトでは、「C:¥Program Files¥Sybase¥Shared」になる。

 自動的に設定されるわけではないが、知っていると便利な環境変数がある。

  • ASTMP
  • テンポラリファイルが作成されるディレクトリを示す。
     
  • SQLCONNECT
  • デフォルトの接続パラメータを設定できる。

2.1.3 Linux版のインストール

 setupスクリプトを実行すると、CUI(Character User Interface)によるインストーラが起動する(図2.3)。デフォルトでは、「/opt/sybase」以下にインストールされる。Windows版と同様にコンポーネントの選択が可能だが、本稿ではデフォルトの設定のままとする。

$ cd /cdrom
$ ./setup
図2.3 : Linux版のインストーラ。CUIで、質問に答える形式でインストールする
図2.3 : Linux版のインストーラ。CUIで、質問に答える形式でインストールする

 SQL Anywhereを利用するには、ライブラリへのパスや環境変数に注意する。インストールしたディレクトリの「bin」ディレクトリ内に設定スクリプト「asa_config.sh」(または「asa_config.csh」)があるので、これを実行すると環境変数などが設定される。

$ source ./asa_config.sh

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 森脇 大悟(モリワキ ダイゴ)

    1974年生まれ。神奈川県川崎市出身。京都大学理学部物理学科卒業。同大学院 修士課程中退後、有限会社グルージェント(現・株式会社グルージェント)入社。 SIとして金融や物流システムを手がける。2003年アイエニウェア・ソリューションズ株式会社入社。エンジニアとして製品の導入支援やコンサルティング業...

バックナンバー

連載:SQL Anywhereの魅力を探る

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5