CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

2020年のプログラミング言語/年代別平均年収、20~40代で「R」がもっとも高い傾向に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/06 08:00

 パーソルキャリアは、同社が運営するIT・テクノロジー人材のための社会人コミュニティ「TECH Street」がITエンジニアを対象に実施した「2020年プログラミング言語別/年代別の平均年収ランキング調査」の結果を、12月25日に発表した。

 同調査は、2019年1月1日~9月30日と、2020年1月1日~9月30日の期間に、転職サービス「doda」に会員登録を行った20代~50代のITエンジニアに対して行われ、5599名から有効回答を得ている。

 調査対象となったプログラミング言語は、C、C#.NET、C++、COBOL、F#、Go、Java、JavaScript、Objective-C、Perl、PHP、PL/SQL、Python、R、Ruby、Scala、SQL、Swift、VB、VB.NET、VC・VC++。

 プログラミング言語別/年代別平均年収(2020年度総合版)では、平均年収が一番高いプログラミング言語は20代がR(476万円)、30代がR(569万円)、40代がR(753万円)、50代がC++(635万円)だった。

プログラミング言語別/年代別平均年収(2020年度総合版)
プログラミング言語別/年代別平均年収(2020年度総合版)

 ITエンジニアが保有しているスキルのランキングを、2019年と2020年で比較すると、1位~3位では変化がみられなかったものの、2019年に10位だった「Python」は2020年に6位へランクアップしている。

 また、「COBOL」のスキルを保有しているエンジニアが、「C++」と同じく4.2%存在していることが明らかになった。

ITエンジニアが保有しているスキルランキング(2020年と2019年の比較)
ITエンジニアが保有しているスキルランキング(2020年と2019年の比較)

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5