CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Scala.js 1.4.0」がリリース、動的モジュールローディングに対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/18 08:00

 ScalaのコードからJavaScriptコードを生成可能なScala.jsの開発チームは、最新版となる「Scala.js 1.4.0」を1月12日(現地時間)にリリースした。

 「Scala.js 1.4.0」は、「Scala.js 1.3.0」で導入されたモジュール分割のサポートを補完し、動的なモジュールのロードを可能にしたマイナーリリースで、動的なモジュールのロードをサポートしたことで、必要な場合のみ機能がロードされるようにアプリケーションを構成できるようになっている。

 なお、動的モジュールローディングでは、1つのプロジェクトに対して複数の.jsファイルが生成されるので、fullOptJSの代わりにfullLinkJSを使用する必要がある。

 また、「Scala.js 1.4.0」ではjava.lang.Class.isAssignableFromが抱えていた、いくつかの深刻な問題が修正されJVMの仕様に完全に準拠したものの、一部のコードは問題のあった動作に依存していた可能性があるため、注意が必要となる。

 さらに、新たなAPIとしてjs.RegExp.ExecResult.groupsとjs.TypedArray.fillが追加されたほか、scalajs-irにおいてir.Hashersの機能を利用可能にするとともに、Google Closure Compilerをv20210106へアップグレードした。

 そのほか、いくつかのバグ修正が行われている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5