CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エンジニアの社内コミュニティ、リモートワークでどう作る? 実践から学ぶ秘訣【デブサミ2021】

【18-C-8】楽しく学び続けるコミュニティをリモートワークの世界で0から作って育ててきた話

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/10 12:00

 エンジニアとして日々学び続けることは重要だが、リモートワークの昨今、ともすれば周囲と孤立してしまうため、学び続ける難易度は上がったように感じられる。そんな中、Works Human Intelligenceでは、リモート環境で働きながら学び続けるための社内コミュニティを作り、毎日数十名のエンジニアが活動するまでに成長したという。ゼロからのコミュニティ作りと運営について、山本隼也氏と上村太郎氏が解説。リモートワークであっても、エンジニアとして自ら学ぶ姿勢を体験できる実践的な手法とナレッジを詳しく紹介した。

目次
株式会社Works Human Intelligence Product Div. HR Core Dept 山本隼也氏、株式会社Works Human Intelligence 人事Dept. 上村太郎氏

株式会社Works Human Intelligence Product Div. HR Core Dept 山本隼也氏、株式会社Works Human Intelligence 人事Dept. 上村太郎氏

新人研修とリモートワークで必要となる社内コミュニティ

 山本氏は、エンジニアリングマネージャーとして、製品開発と技術者教育という二本の柱で仕事をしている。上村氏は、エンジニア・エンジニアリングマネージャーを10年近く経験したあと、エンジニアにとっての「はたらくを楽しく」を実現するため、人事部に異動して、いわゆるジンジニアとして採用・人材育成を中心に活動している。

 コミュニティ作りのきっかけとなったのは、2020年のエンジニア採用が順調に進んだためだという。新人エンジニアを育てたいと、急いで人を育てる仕組みと研修コンテンツをそろえる必要があったのだ。そこで、人事部でエンジニア採用と育成を手がける上村氏が、山本氏に協力を依頼した。

 「当初やろうとしていたのは、一般的なものでした。体系的な研修であるとか、エンジニアの技術力を一定レベルまで引き上げるもの、チームが違っても社内で通用する共通言語を取得してもらえるものなど。また、会社のミッション・ビジョンである"はたらくを楽しく"を盛り込んだ内容を想定していました」(上村氏)

 「このようなキーワードには共感したんですが、そんなにはうまくいかないだろうと感じました」(山本氏)

 そこで、山本氏は、研修がうまくいかないポイントとして、次の3つの課題を取り上げた。

 まず、教える側から学ぶ側への一方通行になりがちという問題があるという。例えば、研修運営チームがフィードバックを求めても、受講生が「変なことを言って怒られないかな」と心配になるというように、立場の違いが大きいためフィードバックが回りづらいのだ。人事としても、研修を実施する前にコンテンツを作りこみすぎてしまう一方、フィードバックをもらっても、直す工数を取っていない場合もあるという。

 2つ目の課題は、その場しのぎになりがちという点だ。エンジニアの環境は進化が異常に速いため学び続けることが重要だが、研修ではどうしても受け身の学習になってしまい、学び続ける習慣を身に付けるところまでたどり着きにくいのだ。

 3つ目は、リモートワーク環境で孤独になりがちという課題である。Works Human Intelligenceでは、2020年の2、3月ごろからリモートワークが主流になっていたが、やはり新人がいきなりリモートワークになってしまうと、周りは知らない人ばかり、何をしているかもよくわからず、その結果として孤独になってしまいかねない。

 「逆に考えると、これらの課題を解消したらうまくいくんじゃないかなと思いました。教える側から学ぶ側に一方通行になってしまうんだったら、フラットな関係にできればいい。その場しのぎになってしまうんだったら、受け身になるのが原因だろうから、自主的に参加できるようにしたい。孤独になってしまうのは、コミュニケーションが少ないということなので、頻繁にコミュニケーションできるようにしよう。それぞれの解決策がそろっていれば、うまくいくだろうと。

 そこで、解決策を実現する方法として、『コミュニティを作りましょう』と提案して、実際に、Developer Dojoという社内コミュニティを立ち上げました」(山本氏)

Developer Dojoというコミュニティで目指す姿
Developer Dojoというコミュニティで目指す姿

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

バックナンバー

連載:【デブサミ2021】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5