CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS Batchが大阪リージョンでも利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/19 08:00

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、AWS Batchが大阪リージョンでも利用可能となったことを、3月17日に発表した。

 日本で2番目となるアジアパシフィック(大阪)リージョンでは、3月3日にフルマネージドファイルシステムであるAmazon EFSが利用可能となるなど、サービスラインナップの拡充が続けられている。

 今回利用可能となったAWS Batchは、ひとまとまりのデータを一括で処理する方式であるバッチ処理を、あらゆる規模で行うことができるフルマネージドサービスで、数十万件のバッチコンピューティングジョブを簡単かつ効率的に実行することができる。

 必要なときにコンピュートリソースを確保して計算を行った後は計算リソースが解放され、送信されたバッチジョブの量と具体的なリソース要件に基づいて、CPUやメモリ最適化インスタンスといったコンピューティングリソースの最適な数量とタイプを動的にプロビジョニングすることで、Amazon EC2をベースとしたバッチ処理基盤より効率的な運用が可能となっている。

 また、AWS Fargateにも対応しており、コンテナをベースとしたサーバレスなバッチ処理基盤を作ることも可能。

 追加料金はかからず、計算リソースに対してのみ料金が発生する。またスポットインスタンスの活用があらかじめ組み込まれており、よりコスト効率性の高い処理が可能となっている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5