CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Canonical、Linuxディストリビューション最新版「Ubuntu 21.04」をリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/24 12:00

 英Canonicalは、同社が開発しているLinuxディストリビューションの最新版となる「Ubuntu 21.04」を、4月22日(現地時間)にリリースした。

 「Ubuntu 21.04」では、Microsoft Active Directoryとのネイティブな統合、Waylandグラフィックスのデフォルト化、Flutterアプリケーション開発のためのSDK搭載などが行われている。

 Active Directoryとの統合では、Ubuntuマシンがインストール時にActive Directory(AD)ドメインに参加できるようになっており、ADドメインコントローラからシステム設定を構成する機能が追加され、システム管理者がグループポリシークライアントでパスワードポリシーやユーザーアクセス制御といったセキュリティポリシー、ログイン画面、バックグラウンド、お気に入りアプリなどのデスクトップ環境を指定可能となった。

 なお、Canonicalと米Microsoftは、UbuntuにおけるMicrosoft SQL Serverのパフォーマンス最適化と共同サポートを行うことをあわせて発表しており、これらの作業は「Ubuntu 20.04.2 LTS」へバックポートされる。

 この取り組みでは、DBMSとCLIがAzure上の最適化されたUbuntuイメージで利用できるようになり、10年間のセキュリティメンテナンスを備えた本番環境品質の高可用性データベースプラットフォームとなる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5