CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、WindowsにおけるAndroidアプリ開発の概要について紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/29 08:00

 米Microsoftは、Windows 11のリリースにあわせてMicrosoft StoreにおいてAndroidアプリの提供を開始するのにともない、6月24日(現地時間)付の公式ブログ投稿にて、WindowsにおけるAndroidアプリ開発について紹介している。

 Windowsでは、Androidアプリ開発環境として、Android Studio、Visual Studio、Visual Studio Code、Unityを利用可能であり、Kotlin、Java、C#、JavaScript、TypeScript、Flutterのいずれのプログラミングでも快適なアプリ開発を実現している。

 Edge開発者ツールとMicrosoft Surface Duoシミュレータを利用すれば、Windowsデスクトップ上でデュアルスクリーンWebサイトとPWAの開発・テストもできる。

 Windowsは、指またはペンによるタッチスクリーン操作もサポートしており、Surfaceシリーズなら10個のマルチタッチに対応しているので、ピンチ、ズーム、パンといったマルチフィンガージェスチャを使用して、Surface DuoエミュレータでリアルなAndroidエクスペリエンスを実現する。

 また、WindowsとAndroidスマートフォンとの統合によって、WindowsからAndroidデバイスのシームレスなテストが可能になるほか、画面共有を介したビデオ通話による機能のデモンストレーションにも対応している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5