CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

認証局サービス「Google Cloud CAS」の一般提供が開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/14 08:00

 米Googleは、認証局サービス「Google Cloud CAS」の一般提供を、7月13日(現地時間)に開始した。

 一般提供にあたって、同じ着信要求キューを処理するCAのグループを可能にする、CAプール機能が追加され、CAのローテーションがワークロードやクライアントコードを変更することなく、プールに新しいCAを追加し、古いCAをプールから削除するだけで簡単に実現できるようになっている。

 また、ユーザーグループごとにポリシーを定義可能となっているほか、発行された証明書のパラメータをオーバーライドする、発行されたすべての証明書に適用される証明書テンプレートを定義できるようになった。

 さらに、Google Cloud CAS用のTerraformプロバイダが用意されるとともに、Jetstackとの連携によるcert-manager.ioとの統合、Google Cloud CASが証明書の発行者になれるHashiCorp Vaultプラグイン、Qwiklabへの対応といった、新機能が追加されている。

 なお、価格は単純な従量制モデルで提供されるほか、大手の顧客に対してはサブスクリプションモデルも用意する。SLAは、地域ごとに99.9%の可用性を実現しており、ISO 27001、27017、27018、SOC1、SOC2、SOC3、BSI C5、およびPCI監査の一部として含まれているほか、FedRAMP監査にも含まれるよう取り組んでいる。また、デフォルトでFIPS 140-2 レベル3で検証された秘密鍵保護にGoogle cloud HSMを使用する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5