CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、Android向けのデバイス組み込み機械学習スタックを発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/15 08:00

 米GoogleのAndroid開発チームは、Androidに統合された機械学習推論スタック「Android MLプラットフォーム」を、7月9日(現地時間)に発表した。

 Android MLプラットフォームによって、Android向けにデバイス組み込みの推論バイナリが提供され、アプリのapkサイズを減らせるほか、デバイス性能に応じたパフォーマンスが自動設定される。また、Google Playを通じて定期的に更新されるので、Androidのリリースサイクル外で利用できる。

 Android MLプラットフォームの中核を成す「TensorFlow Lite for Android」は、モデル内のメタデータを使用してハードウェアアクセラレーションを自動的に有効にし、それぞれのAndroidデバイスにおいて可能な限り最高のパフォーマンスを実現する。

 モデルごとのテストによって、パフォーマンス、精度、安定性を考慮して特定のデバイスの許可リストを作成可能で、許可リストは実行時にハードウェアアクセラレーションをオンにするタイミングを決定するために用いられる。なお、許可リストによるアクセラレーションは、2021年後半に利用できるようになる。

 TensorFlow Lite for Androidは現在、開発者向けの早期アクセスが提供されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5