CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、現時点での2021年立ち上げサービスのトップ5を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/25 10:00

 米Googleは、2021年に立ち上げたプロダクトや機能の、現時点でのトップ5を、8月24日(現地時間)付のブログ投稿にて発表している。

 1つ目は、Google Cloud MLサービスのUIとAPIを1つに統合し、機械学習モデルを大規模に構築、トレーニング、デプロイするプロセスを簡素化する「Vertex AI」で、AutoMLまたはカスタムコードを使用してモデルをトレーニングおよび比較が可能で、すべてのモデルが一元化したモデルリポジトリに保存され、Vertex AIの同じエンドポイントにデプロイできる。

 2つ目は、Google Kubernetesエンジン(GKE)におけるKubernetesクラスタを、作成および管理するための新たな動作モードである「GKE Autopilot」で、GKEはノードやノードプールなどの基盤となるインフラストラクチャを構成および管理し、ターゲットワークロードとポッドのリソースリクエスト(CPU、メモリ、エフェメラルストレージ)ごとの課金のみに集中することが可能になる。

 3つ目は、スケールアウトワークロードの費用効果の高いパフォーマンスのために最適化された新しいCompute Engineファミリ「Tau VM」で、Tau VMファミリの最初のインスタンスタイプであるT2Dは、第3世代AMD EPYCTMプロセッサに基づいており、パフォーマンスとワークロードの総所有コストの両方で、主要なパブリッククラウドプロバイダーが提供するスケールアウトワークロード用のVMを上回る。

 4つ目は、“インテリジェントデータファブリック”と呼ばれ、データウェアハウス、データレイク、データマート、データベースの統合データ管理を利用できる「Dataplex」で、サイロ全体でデータを一元的に管理、監視、統制し、さまざまな分析ツールやデータサイエンスツールからの、データへの安全なアクセスを可能にする。

 5つ目は、サーバレスワークフローを使用してGoogle CloudおよびHTTPベースのAPIサービスをオーケストレート・自動化できる「ワークフロー」で、パブリックAPIを持つほぼすべてのものの相互接続を可能にしており、複数のCloud Functionsの相互接続や、Cloud FunctionsとCloud Runサービス、Google Cloud API、外部APIなどを組み合わせることができる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5