CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

CentOS SIGのリポジトリがAlmaLinuxで利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/06 10:00

 The AlmaLinux OS Foundationは、AlmaLinuxのリポジトリにおいて、アップストリームのCentOS Special Interest Groups(SIG)のリリースパッケージが利用可能になり、SIGリポジトリを有効化できるようになったことを、9月1日(現地時間)に発表した。

 現在、CentOS SIGはCentOS 8およびCentOS Stream 8向けのパッケージをビルド可能で、将来的にCentOS 8がEOL(End Of Life)となった場合、SIGのCentOS 8リポジトリはCentOS 8ディストリビューションとともにEOLになってしまう。

 そうなってしまうことを避けるべく、The AlmaLinux OS FoundationはCentOS SIGに対して、CentOS 8およびCentOS Stream 8向けビルドに代わって、RHEL 8およびCentOS Stream 8向けビルドを行うよう提案しており、これが実現すればSIGによる成果物が、AlmaLinuxを含むRHELファミリー全体で利用可能になる。

 また、CentOS Community Build Serviceに対して、RHELをビルドターゲットにするよう、正式にリクエストを行っている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5